fbpx

天才投資家ジム・ロジャーズが警告「次の金融崩壊が私の人生で最も大きなものになる」=花輪陽子

春節前と3月中旬の2度、世界三大投資家のひとりでシンガポール在住のジム・ロジャーズ氏にインタビューを行い、『ジム・ロジャーズ 大予測:激変する世界の見方』(著:ジム・ロジャーズ/翻訳:花輪陽子, アレックス・南レッドヘッド/刊:東洋経済新報社)を緊急出版することになりました。コロナ危機により変わり果てた世界経済を天才投資家はどのように見ているのか。そのエッセンスを紹介します。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽子)

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:花輪陽子(はなわ ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。

世界が不況に突入することは避けられない

「世界が不況に突入することは、もはや避けられない。最大の理由は世界中の国が経済を停止させ、国境を閉じてしまったからだ」。インタビューの中でジム・ロジャーズ氏はこう述べました。

日本でも関東や大阪などで緊急事態制限が発令され、多くの人が自宅待機を余儀なくされていますが、私やロジャーズ氏が住むシンガポールではより厳格なロックダウンとなっています。

集合住宅の共用設備の多くも封鎖され、必要最低限の食料を買い出しに行く以外は部屋から一歩も出られない程です。買い物に行く際にも、社会的距離を確保できないと、罰則があります。

image by:原隆夫

image by:原隆夫

中国ではロックダウンが解除され始めていますが、それでも国境を以前と同じように開くには相当な時間がかかるでしょう。

世界の株式市場は連日乱高下をくり返し、ニューヨーク株式市場では3月16日に、1日で2,997ドル下落という記録的暴落に見舞われました。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

実体経済の落ち込みも深刻で、米セントルイス地区連銀ブラード総裁は、アメリカの4〜6月期のGDPはマイナス50%、失業率は30%に達する可能性もあると発信しています。

ロジャーズ氏はインタビューの中で、コロナ危機については、過剰に反応しすぎているとしながらも、人々は実際に「恐怖」に支配されてしまっており、世界経済はパニック的な大混乱に陥っているのは事実だと述べていました。

Next: 「次の金融崩壊が私の人生で最も大きなものになる。おそらく株価の下落は――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー