fbpx

岡村隆史「コロナ明けたら可愛い人が風俗嬢」発言が浮き彫りにした貧困女性の地獄=鈴木傾城

岡村隆史という芸人が「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんですよ。コロナ明けたら、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」と述べて批判を受けている。実のところ、今の状況下ではこの男が言ったことは「現実に起こり得る話」である。そして、今のところ誰も「そうした女性がいるなら救済しようじゃないか」と声を上げる人はいない。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、主にアメリカ株式を中心に投資全般を扱ったブログ「フルインベスト」を運営している。

ほぼすべての業界が苦境に落ちた

中国発コロナウイルスによって緊急事態宣言に入った日本は、それによって多くの企業が休業に追い込まれて資金繰りが悪化している。

すでに2月末から3月にかけて自粛が起き始めていた飲食業界が次々と事業停止や破産に追い込まれていき、ホテル業界・民泊業界も4月に入って次々と経営破綻が起きている。

WBFホテル&リゾーツも負債160億で経営破綻に追い込まれ、カプセルホテルを全国展開する「ファーストキャビン」も経営破綻した。

他にも、小売業、食品製造業、アパレル、出版、卸売、製造、イベント葬祭業、ケータリングサービスなど、日本のほぼすべての業界が苦境に落ちた。

上場企業も無事ではなく、100社以上が業績の見通しを引き下げている。

ステイホームで63兆円の経済損失

中国発コロナウイルスの感染者を減らすためには、自粛・休業・ステイホームの徹底は重要なのだが、それを厳格にすればするほど経済に与えるダメージは巨大化するばかりだ。

関西大学名誉教授で経済学者の宮本勝浩氏は、日本全体で約63兆円の経済損失が出るのではないかと予測している。しかし、全世界の経済を破壊している中国発コロナウイルスが「いつ収束するのか」は不明なので、63兆円で済むのかは分からない。

一時的に収束させたとしても、場合によっては第二波の感染拡大が起きたりすることもあり得る。感染拡大が抑え込めたとしても、自粛や休業が今後も長く続くようであれば、63兆円以上の経済損失が発生してもおかしくない。

まさに未曾有の事態が目の前で起きている。

こうした中で、吉本興業所属の岡村隆史という49歳の芸人が「コロナ明けたら、可愛い人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と述べ、「今我慢して風俗に行くお金をためとき」と述べて顰蹙(ひんしゅく)を買っている。

経済苦に落ちた女性を手ぐすね引いて待ち望む発言

この発言は、「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない」というリスナーからの悩みの回答として述べられたもので、岡村隆史という芸人はこのように言い放っていた。

『今面白くなかったとしても、コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんですよ。コロナ明けたら、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります』

その理由はこうだ。

『なぜかというと、やっぱり稼がないと苦しいですから』『3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働きます。それで、それなりの生活に戻ったらパッとやめます』

そして岡村隆史はこのように結んだ。

『え、こんな子入ってた?っていう子たちが絶対入ってきますから。だから今我慢しましょう。今我慢して風俗に行くお金をためとき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3カ月のためにがんばって、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう』『僕はそれを信じて今、頑張ってます』

この発言は4月23日に生放送されたのだが、当然のことながら、経済苦に落ちた女性を手ぐすね引いて待ち望むような発言に批判が起きた。

ニッポン放送は3日後の4月27日に公式ホームページ上で『放送をお聴きになって不快に感じられた皆様、関係の皆様にお詫び申し上げます。弊社番組に関わる全ての制作スタッフには、迅速に、より一層の教育を図ってまいります』として謝罪している。

Next: コロナによって経済が壊滅的ダメージを受ける前から日本の女性たちは貧困――

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー