fbpx

ソフトバンクグループ巨額赤字は何が危険? 孫社長を悩ます「解体」の二文字=栫井駿介

ソフトバンクグループ<9984>は4月13日、1兆3,500億円の営業損失を計上することを発表しました。10兆円ファンドでさまざまな問題が発生する中、この先は本当に大丈夫なのでしょうか。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

【関連】コロナはユニクロに追い風? 親会社4割減益予想もオシャレ不要の世界で天下を取る=栫井駿介

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

倒産の危機は考えにくい

結論から言えば、倒産などの危機に陥ることはありません。なぜなら、ソフトバンクグループは世界第6位の時価総額を持つ中国アリババ・グループの株式を16兆円保有しています。

純有利子負債が6兆円ですから、アリババ株を売却すれば借金を返済してなお、十分におつりが来る状況です。

出典:ソフトバンクグループ 2020年3月期第3四半期決算説明資料

出典:ソフトバンクグループ 2020年3月期第3四半期決算説明資料

3月23日には4.5兆円の資産を売却し、借金返済と自己株式取得に充当することを発表しました。この資産売却には、アリババ株も含まれていると報道されています。

アリババという「虎の子」がある限り、ソフトバンクグループが財務的に窮地に陥ることは考えにくいのです。

元凶は「10兆円ファンド」

では、何がこんなにも不安視されているのかと言えば、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(10兆円ファンド)の行く末が怪しいということです。

ビジョン・ファンドも出資したWeWorkは、利益の見込めない単なるサブリースだったことが分かり、経営危機に陥りました。その株式をソフトバンクグループが買い取る予定だったのですが、4月2日に撤回を発表しました。

すでに上場した投資先のライドシェアのUberの株価も、ピークからおよそ4割下落しています。

大きな投資先の一つである「世界最大のホテルチェーン」OYOは、急激に規模を拡大させていたのですが、ここにきて大赤字を出してしまい、5,000人をリストラするという状況になっています。

2,000億を投資したOneWebという衛星通信の会社に至っては、3月27日に経営破たんしてしまいました。

200424_softbank_fynd

いずれも新型コロナウイルスの影響が少なからずありますが、投資先が立て続けに経営不振に陥ってしまうと、いよいよソフトバンクグループも危ないんじゃないかと見られているのです。

Next: これはあくまでビジョン・ファンドの失敗であり、もしファンドの価値がゼロ――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー