fbpx

コロナはユニクロに追い風? 親会社4割減益予想もオシャレ不要の世界で天下を取る=栫井駿介

ユニクロを運営するファーストリテイリング<9983>は、2020年8月期の営業利益予想を従来から40%下方修正しました。新型コロナウイルスの影響で客足が遠のき、緊急事態宣言の発出により休業となる店舗も出ています。このまま外出自粛が続いたらユニクロ、そしてアパレル業界はどうなってしまうのでしょうか。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

【関連】株価はコロナを甘く見過ぎ?未曾有の「セル・イン・メイ」で無策の投資家が死んでいく=栫井駿介

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

3月売上は3割減少。コロナはどこまで続くか?

4月9日、ファストリが2020年8月期業績予想の下方修正を発表しました。7都府県に緊急事態宣言が出された2日後です。

3月の既存店売上高は27.8%減少し、緊急事態宣言の発出により休業を余儀なくされる店舗も出てきました。緊急事態宣言は16日に全国に拡大されましたから、一層の状況悪化が懸念されます。

最大の問題はこれが「いつまで続くか」ということです。同社の業績予想の前提では「6月以降に状況が徐々に正常化」ということですが、世界の様子を見るとそう簡単には収まりそうにありません。

緊急事態宣言が解除されたとしても、ウイルス自体がなくなるわけではないので、再び感染拡大と自粛を繰り返し、多くの人が一度感染することで抗体を持つか、有効なワクチンが開発されるまで事態は解決する気配がありません。

ファストリも、下期(3~8月)だけを切り取ると赤字予想となっています。状況が変わらない限り、このまま当面赤字が続くことを想定した方が良さそうです。

鉄壁な財務と輝きを放つ「GU」の存在

ただし、ファストリはかなり「マシ」な方です。

これまで好調な業績を続けてきた結果、保有する現金は1.2兆円にものぼります。有利子負債が約6,000億円ですから、まだまだ持ちこたえる体力があるのです。

おまけに、ここにきて頼りになるのが格安ブランド「GU」の存在です。3月の既存店売上高はマイナス9%にとどまり、力強さを示しています。

GUの存在は、これからのアパレル業界を考える上で大きなヒントになりそうです。人々は外出を控えますから、デートで使うようなオシャレな服は不要になります。在宅勤務が増えると、スーツの需要も激減するでしょう。

私は4年以上在宅勤務(自宅兼事務所)を続けているのですが、仕事で外に出ないと本当に服装に気を使わなくなります。ZOOMで会議なんかしていると、上半身だけ整えて下はパジャマという有様です。

このような状態が一般的になってくると、人々が服に求めるのは「いかに楽に着られるか」ということになります。私自身、普段着る服の8割はユニクロになってしまいました。ユニクロが掲げる「Life Wear」の戦略にまんまとはまっているのです。

部屋着としてユニクロが高いと思うなら、GUに行けば良いのです。新型コロナウイルスの影響下でもGUの売上が大きくは下がっていない一つの要因だと考えます。部屋着なら細かいことは気にしませんから、店舗が閉まっていてもオンラインで買えば良いのです。

長期的に見ても、この流れは止まらないと思います。人は一度ラクすることを覚えたら、もう面倒なことには戻れません。私ももうスーツは着たくありませんし、ユニクロ以外のお店に行くことも億劫(おっくう)になっています。

クールビズなどの影響もあり、服のカジュアル化は進む傾向にありましたが、外出自粛で今後ますます加速することになるでしょう。新型コロナウイルスはあらゆる業種で時代の変化を加速させることになるのです。

Next: 一方で、苦境に立たされるのがいわゆる「オシャレ」なアパレルです――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー