fbpx

金正恩手術後に重体説、嘘か本当か相場に影響。軍部の暴発に警戒=今市太郎

北朝鮮の金正恩氏に重体説が飛び出しました。続報がないだけに相場への影響も限定的ながら、ここからの動きにはかなり注意が必要になってきそうな状況です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年4月21日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

重体説で相場は…

CNNが第一報として伝えて広まりを見せている、北朝鮮の金正恩氏の重体説。

12日、平安北道にある金一族の専用病院の診療所で心臓血管手術を受けたものの、重体に陥っているという報道です。

続報がないだけに相場への影響も限定的ながら、米株はNYダウの先物が下落に転じており、ここからの動きにはかなり注意が必要になってきそうな状況です。

NYダウ先物 円建 15分足(SBI証券提供)

NYダウ先物 円建 15分足(SBI証券提供)

軍部の暴発が警戒される

4月15日は故・金日成主席の生誕日で、通常ならば遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿に参拝することになっているようです。

しかし、今年は金正恩氏の姿は見られておらず、確かになんらかの手術なりをしている可能性は高いとの見方もあるようです。

時節柄、新型コロナなのでは?という疑いも持たれるわけですが、今のところ手術で回復できるようなウイルスではありませんから、その可能性は正直よく判らないというところではないでしょうか。

この報道を受けて、韓国のKOSPIは大幅下落しています。

KOSPI指数 15分足(SBI証券提供)

KOSPI指数 15分足(SBI証券提供)

独裁指導者がいきなりいなくなった場合には必ず軍部が暴発することになるため、韓国への攻撃や日本へのミサイル発射など不測の事態が起きた場合のことを気にする必要がありそうです。

リスクオフならば株は売られ、為替もドル円の初動は円高になることが予想されますが、日本がターゲットになり何らかの被害が出た場合には円売りとなるリスクもあります。

ここからの動きと追加報道には、相当に注意したほうがよさそうな状況です。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】なぜ上場企業は内部留保460兆円を使って休業しない?緊急事態宣言でも消えぬ満員電車=今市太郎

【関連】新型コロナで年金が消える?GPIF「21兆円超」損失で日本が世界最大の被害国へ=今市太郎

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2020年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年4月配信分
  • 本邦企業の内部留保460兆円一体いつ使う?まさに今でしょ?というお話(4/15)
  • これから続々発表の各国ハードデータ〜景気の底入れはまだまだこれから(4/14)
  • FRB禁じ手のジャンク債買い付けで相場は本当に元に戻るのか?(4/13)
  • いよいよ玉砕か生き残りか 断末魔の時間帯に突入(4/11)
  • まったく方向感のないトレンドレス為替相場〜大きな調整は実態経済の悪化から再スタートか(4/10)
  • 100年前のスペイン風邪対応をほとんど変わらない政権の無策で今回も国民は120万人死亡を覚悟すべき?(4/9)
  • 都市封鎖で決定的ダメージを受ける社会的・経済的弱者〜政府はすべて見殺しにするのか?(4/8)
  • OPECプラス減産は本当に可能なのか?〜失敗ならまたドル円は大幅下落(4/7)
  • 非常事態宣言発令で上昇する日経平均に違和感たっぷり(4/6)
  • 足もとの相場下落一旦底打ったかどうかなど全く判らない〜むしろさらなる下落に備えるべき(4/6)
  • 安倍首相の背後で糸を引き愚策を連発する今井尚哉首相秘書官とは何者か? この政権から見えてくる真に絶望的な状況について(4/5)
  • 新型コロナの陰に隠れて様子のおかしいSBG株〜会社は存続しても孫さんはいなくなる?(4/3)
  • 新型ウイルス想定死者数まで示唆したトランプによる戦時内閣(4/2)
  • 視界不良の新年度相場(4/1)

いますぐ初月無料購読!

image by:Alexander Khitrov / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年4月21日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】消費税ゼロ%で救える命。コロナ恐慌で死ぬ間際にも黙って10%を払い続けるのか?=鈴木傾城

【関連】安倍政権の「後手後手」が招いたパンデミックで日本経済は大崩壊時代へ=今市太郎

【関連】韓国、30〜40代のリストラ急増で「失業時代」へ。日本に来る韓国余剰労働力=勝又壽良

今市太郎の戦略的FX投資』(2020年4月21日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー