fbpx

金正恩氏「脳死」を生々しく伝える韓国紙。北朝鮮を襲う後継者問題と経済危機=勝又壽良

北朝鮮最高指導者である金正恩氏が、脳死状態に陥っていると伝えられている。情報源は、中国の対北朝鮮政策のトップで、これまで北朝鮮へ50回も渡っている人物である。この枢要な人物から、韓国の金大中政権当時、大統領府の初代国政状況室長を務め、第16代国会議員を歴任した張誠ミン(チャン・ソンミン)氏へ、電話で伝えられたものである。(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良)

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2020年4月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし)
元『週刊東洋経済』編集長。静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学博士。1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。東海大学教養学部教授、教養学部長を歴任して独立。

金正恩氏「脳死説」の現実性

ここまで「正恩氏脳死」が生々しく伝えられている以上、北朝鮮政治に一大異変が起こっていることは否定し難い事実として受け入れざるを得ない。事態の詳報は、次のようなものである。『中央日報』(4月24日付)が、伝えた。

1)「世界と北東アジア平和 フォーラム」張誠ミン理事長が4月23日、中国高位関係者から金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が回復不可能な重態にあるという情報を入手した。張理事長は、「今朝、北朝鮮の最高要人が『これは死亡と見なすべきだ』という結論を下した」という話を聞いた。

2)正恩氏は呼吸しているが、事実上「植物(人間)」状態である。今朝(23日)、北朝鮮の高位職が状況を見て事実上死亡と結論を下したようだ。いかなる医術を動員しても、回復不可能な状態と判断しているようである。

3)米国政府は、この緊急事態に気付いたようだが、韓国政府は情報がない模様。金委員長が事実上、脳死状態であるので現在、権力の空白が現れている。韓国政府は、韓半島(朝鮮半島)のリスクを最小化する方向に戦略を講じて準備に入らなければならない。

4)張理事長は該当情報を伝えた中国側要人と情報の信頼性について、「長いつきあいの関係で、北朝鮮問題に関する情報が間違ったことが一度もなかった。99%以上信頼している」とし、「北朝鮮駐在中国大使が分からなくても、当該要人は情報を知りうる立場にあると」主張した。

以上のような経緯で、金正恩氏は再起不能の脳死状態に陥っている。突然、訪れた不幸である。

この衝撃的ニュースが、今後の北朝鮮後継問題、米朝関係、南北関係にいかなる影響を及ぼすか、焦点になってきた。現状で推測できる範囲で、前記の問題の行方にスポットを当てた。

後継は金ファミリーで

北朝鮮の政治体制は、古代の王政と同じである。一人の王が、全ての権限を掌握しているシステムだ。金正恩氏の統治活動が中断すれば、北朝鮮の「国家機能」そのものが麻痺しかねないのである。

例えば、金正恩氏が建設現場を視察した際、建物の仕上げ材やインテリアについてまで「細かな指示」を下すことがある。北朝鮮の最高指導者は、「現地指導」を通して北朝鮮を統治しているもの。正恩氏が脳死状態に陥れば、国家機能は動かないシステムである。

現在の北朝鮮は、すでにこの国家機能麻痺の事態になっている。早急に、後継体制をつくらなければならない。

北朝鮮は、「血統による統治」である。金日成→金正日→金正恩という金ファミリーが「首領」ポストを独占してきた。後継体制も、金ファミリーから出なければ、「革命」騒ぎの事態を迎える。穏便な後継体制づくりには、金ファミリーが必須条件であろう。

Next: 韓国の北朝鮮専門家は、実妹の金与正や実兄の金正哲などを中心に集団指導――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー