fbpx

韓国でサムスン株を買うブーム到来?コロナに負けじと借金してまで買い支える熱狂ぶり

新型コロナは韓国経済にも直撃している。一時KOSPI1500割れという絶望的な状況で韓国人が取った驚きの行動は……サムスン電子の株を購入することだった。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年4月5日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

韓国株を買い支える「東学アリ運動」

今回の当メルマガは、世界的に大流行してもはやリーマン超えから世界恐慌時に匹敵するぐらいの脅威に認定されつつある新型コロナウイルスによって投げ売りされた「韓国市場の動向」について解説したい。

「KOSPI1500割れ」という大暴落で韓国国民が取った驚くべき行動とはいったい何なのかを紹介していく。まずは、3月末の韓国市場の動向を見ていこう。

<3月末の韓国市場>

日付   KOSPI  米ドル/ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)
23日 1,482.46 1,266.5 443.76 201.87 -6,424億
24日 1,609.78 1,249.6 480.29 220.32 (不明:売り減少)
25日 1,704.40 1,229.9 505.59 232.84 -3,360億
26日 1,686.24 1,232.8 516.61 229.34 -5,335億
27日 1,717.73 1,210.6 522.80 233.79 -3,765億

これはいつもの韓国市場のデータであるが、この週からかなり面白い要素が加わっている。それが「東学アリ」というパワーワードである。

KOSPI1500割れぐらいから「東学アリ(もしくはアリ)」と呼ばれる韓国人の個人投資家たちが、突然に現れた。

そして、外国人・機関投資家たちと「KOSPI」でバトルを始めたのだ。

これを読んで、私がついにわけのわからないことを言い出したと思った人は正常だ。私もこれを知ったときは同じ感想だった。

ここから、東学アリについて説明しよう。

やがて優良企業は回復する?

JBpressによると株価が急落し出した1月頃から、韓国では若者から専業主婦、退職世代に至るまで、サムスン電子の株を買うブームが起きているそうだ。
※参考:コロナ禍収束に賭けた韓国人、サムスン株買い漁る 外国人・機関投資家の売り圧力に信用取引で個人株主が対抗 – JBpress(2020年3月27日配信)

これは日本でもそうだが、株が大きく下がると、「新型コロナウイルスが終息すれば、優良企業は業績を回復して戻すだろう」という見方、さらに配当権利日が3月27日にあったために、それを見越して証券会社の新規顧客は増えたという。

韓国も最初はそんな感じだった。しかし、ここからが違う。

Next: 韓国のKOSPIにおける時価総額の2割はサムスン電子だと言われている――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー