fbpx

天才投資家ジム・ロジャーズが断言「日本政府への不信感が高まる時がチャンス」=花輪陽子

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。ジム・ロジャーズ著『日本への警告』(講談社+α新書)の取材に引き続き、年明けにシンガポールでロジャーズ氏にインタビューをしました。

株の大暴落から株の乱高下が続いており、日本では政府の対策に不満を漏らす声も多く聞こえます。しかし、そんな時に金価格は上がるとロジャーズ氏は言います。
(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽子)

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:花輪陽子(はなわ ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。

政府への不信感が高まる時に金価格は上がる

「政府に対して人々が不信感を抱く時に金価格は上がる」シンガポール在住、天才投資家のジム・ロジャーズ氏は断言します。

自身も田中金属が大好きで、銀座に行くと買い物に行くようです。取材時にはお気に入りのゴールドとシルバーのカップを見せてくれました。シルバーの食器は代々引き継がせることができるので気に入っているようです。

日本では金のアクセサリーなどが高値で売れるので小遣い稼ぎに売ろうとする主婦も少なくないと伝えたところ、「一般の人が売ろうとしている時に買いたいね」と言っていました。

金価格はまだ上昇すると読んでいるようです。

日本のGDP(国内総生産)は、昨年10月から12月までの前の3ヶ月と比べて、マイナス1.6%、年率に換算してマイナス6.3%となりました(編注:9日に発表された改定値では、前期比マイナス1.8%減、年率換算はマイナス7.1%とさらに悪化しています)。

これは新型肺炎勃発前の数字です。ロジャーズ氏は「消費増税はクレイジーだ」とも言っていましたが、やはり消費税増税は経済に大きなダメージを与えました。

多くの国では、2020年の経済成長率予測を大幅に下方修正しています。韓国・イタリア・イランなどでも新型コロナウイルスの感染者が急増しています。

世界情勢が不透明になるなか、金価格が上昇しています。

地金大手、田中貴金属工業は21日、金を1グラム当たり前日より92円高い6,442円で販売しました。同社小売価格としては1980年1月に付けた過去最高値に次ぐ2番目の水準です。

富裕層は金地金や現金で資産を持ちたがる

今、多くの富裕層が現物の金地金や現金で資産を持ち始めています。政治的不確実性と景気後退の懸念が大きな理由として挙げることができます。

世界的に超低金利で、銀行に預けていてもたいして利息がつかないので、民間会社の金庫に金地金や現金などを入れている人もいるようです。東日本大震災では、総額約38億円の金庫などに入った現金が出てきて警察に届けられたという話もあります。

日本では銀行の1日の現金引き出しの上限が決まっています。仮にマスクや消毒液やトイレットペーパーのように皆が一斉に預金の引き出しを求めると、当然支店にそんな現金はないわけです。銀行は預金を預かり、それを貸し出しや運用に回しているからです。

キャッシュレスが進む中、一般人はマイナス金利や金利がゼロでも銀行に預金をしておくしかありません。

しかし、富裕層の多くはキャッシュレスが促進されてもニコニコ現金主義を好みます。セキュリティー面で気にする人や記録が残るのを嫌う人もいます。管理されたくないので、SNSも一切使わないという人もいるほどです。

Next: どんなに政情が変わろうとも金の価値は失われない。ロジャーズ氏の警告は…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー