fbpx

成金が貧困層を煽れるのは今だけ、やがて日本でも「誘拐ビジネス」が花開く=鈴木傾城

金持ちがSNSで貧困層を煽っている。「稼げないお前らが悪い」と本気で思っている。その他大勢の庶民は黙って耐えているが、それは今だけかもしれない。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

【関連】偽装結婚が増加中。日本人が知らない中国人女性の恐ろしさと潔い手口=鈴木傾城

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

「日本の成金を襲うのは簡単」制御できない憤怒がもたらすもの

わずか1%の成功者が、残り99%の貧民をあざ笑う

インスタグラムでは多くのセレブたちが高級品を見せびらかし、SNSでも有名無名の「成金」たちが、自分の収入の自慢や高額な預金残高を自慢する。

そして、何も持たない層に向かって「正直、男で稼げないならクズ」だとか「カネのない奴は価値がない」とか「カネが欲しければオレのように稼げばいいじゃん」とか「まだ消耗してんの?」と言って煽り立てている。

現在の弱肉強食の資本主義とそこから生まれる格差社会は、「資本」を軸にして、極度に成功したわずか1%の成功者と、まったく成功できない底辺の99%以上もの貧困層に区分けする社会である。

そして、その極度に成功した人間たちが、インターネットで自らの私生活をさらして極限まで富を見せびらかし、何も持たないアンダークラス層を嘲笑したり、愚弄したり、煽ったり、馬鹿にしたりすることで自己満足を得る。

社会は多くの雇用者を突き放しており、終身雇用も終焉し、いまや非正規雇用者の割合は40%近くにまで増加している。

1990年代のバブル崩壊、そして2000年代からの非正規雇用者の爆発的増加は、困窮する低賃金層を増やしている

しかし、彼らの貧困は「自己責任」にされ、「正直、男で稼げないならクズ」と嘲笑されるのである。

今は、明確にそのような社会になっている。荒廃していると言っても過言ではない。しかし、経済的に成功した層がアンダークラス層を嘲笑したり愚弄したりできるのは、今だけかもしれない

何も言い返せない私たち

こうした弱肉強食の資本主義が生み出した格差社会と、インターネットが生み出した成功者たちの可視化は、最終的に何をもたらすのか

それは、アンダークラス層の「制御できないほどの憤怒」である。

今の日本のアンダークラス層は、実のところ一部の成功者たちにかなり「舐められている」ような状況である。

「稼げないならクズ」とか「価値がない」とか言われても黙って耐えているし、そう言われたら本当に「一理ある。自分はクズで無価値かもしれない」と思って絶望感を感じるほどナイーブでもある。

「まだ消耗してんの?」とか言われても言い返すことができず、資本主義で消耗している自分を情けなく思ったり、惨めに感じたりして傷つく。

Next: SNSにあふれる成功者たちの成金アピール。貧困層が復讐する日は近い?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー