fbpx

新型コロナだけじゃない東京五輪「中止」の理由。減らない放射性物質に世界が恐怖=浜田和幸

新型肺炎の猛威が収まらない場合には、東京五輪の延期や中止も視野に入ってくるだろう。とはいえ、注意すべきは、こうした病原菌の蔓延だけではない。例えば、東京都の健康安全研究センターでは重大な警告情報を発し続けている。(浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』浜田和幸)

(※3月11日、記事初出時より、本文に編注を追記しております。一部データについて2016年版を元に解説しており、2019年度の最新データを追記いたしました。)

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2020年3月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき)
国際政治経済学者。前参議院議員。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。

世間は「新型コロナウイルス」一色

日本では朝から晩まで、新型コロナウイルス騒動のニュース一色の感がある。

確かに、中国から巻き起こった「COVID-19」なる病原菌は世界を騒がせている。しかし、我々の生活や仕事を脅かす可能性を秘めている危機的要素は、COVID-19だけとは限らない。

この間、地震や火山の動きも警戒レベルを超え始めているようだ。

地球温暖化の影響で、北極では温度が10度以上も上昇し、猛烈な勢いで氷が溶けだしている。南太平洋の島国はじめ中国の海沿いの都市は、水没の危機が日に日に迫っているのである。

もちろん、東京も例外ではない。

今夏の東京オリンピックは大丈夫だろうか。世界各地で5,000人以上が集まるイベントは中止するような動きが加速している。

このまま新型コロナウイルスの猛威が収まらない場合には、東京オリンピックの延期や中止も視野に入ってくるだろう。

とはいえ、注意すべきは、こうした病原菌の蔓延だけではない。

東京の放射線量は赤信号?

例えば、東京都の健康安全研究センターでは重大な警告情報を発し続けている。

同センターでは都内の放射能汚染の実態を定点観測しているのだが、「新宿区の土壌から放射性物質セシウム137が260ベクレル検出された」というのである。

2011年から毎年同じ地点で土壌中の放射性物質の検査が実施されている。

毎年、セシウム134は減少傾向にあるのだが、セシウム137はほとんど減少していない。そのため、合算すれば308ベクレルも検出されているのである(編注:「東京都健康安全研究センター」2016年度データより。最新の2019年度データでは193ベクレルとなっています)。

Next: コロナ以外もいろいろヤバい? 世界はまだ「日本の食材」を信用していない

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー