fbpx

新型コロナだけじゃない東京五輪「中止」の理由。減らない放射性物質に世界が恐怖=浜田和幸

世界はまだ「日本の食材」を信用していない

世界の環境問題の専門家の間では「2020年の東京オリンピックの選手村で提供される食材の安全が懸念される」といった声がいまだにくすぶっている。

我々日本人は「不幸な出来事」として記憶の彼方に追いやろうとしているのだろうが、福島原発事故の影響は、いまだに払しょくされていないのである。

安倍首相は福島の汚染水問題について、「すべて安全に処理、管理されている(アンダー・コントロール)」と国際社会に向けて大見えを切った。

その一言が、「2020年東京オリンピック招致」の決め手になったことは間違いない。

しかし、足元の東京の土壌から放射性物質の拡散が確認されていることに関しては、首相からも都知事からも何ら詳しい説明はない。

要は、「不都合な真実」として「見ざる、聞かざる、言わざる」で封印しようとしているのだろうか。

ぶっちゃけ、新型コロナウイルスより健康被害は深刻になる可能性を秘めているわけで、放射性土壌汚染問題には早急な安全確保対策が必要だろう。

有料メルマガ好評配信中! 続きはご購読ください

【関連】NHK受信料“全世帯対象化”報道に「税金か?」「時代錯誤だ」と反発の声

【関連】新型肺炎で年金財源が枯渇する?「決定的な分岐点」を迎えた日本の株式市場=近藤駿介

【関連】地球から政治家が消える?欧州で「人工知能」に政治を任せる動きが拡大中=浜田和幸

<メルマガ購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

※2020年3月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・アメリカに広がる“自己中”という名のトランプ・ウイルス
・新型コロナウイルス騒動の陰で東京では放射能汚染が拡散中!
いますぐ購読!

image by:Natee Meepian / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2020年3月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください。

【関連】騒がれていた温暖化は「氷河期」再来の前触れだった?太平洋の海底温度は低下中=浜田和幸

【関連】コメディ俳優が大統領に就任。ウクライナ国民が汚職と米国支配にNOを突き付けた=浜田和幸

1 2

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』(2020年3月6日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』

[月額550円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
かつて人気を博したニッポン放送オールナイトニッポンの「世界びっくりニュース」を彷彿とさせるべく、フランクな語り口で、知られざる内外の『ぶっちゃけ話』をお届け致します。例えば…① 「爆買い」中国人観光客を上回る金額を日本で消費している国がある!?② 「発明王エジソン」の遺言を頼りに、無料の無限エネルギー開発に成功した企業がある!?③ 「不動産王」にしてアメリカ大統領候補トランプ氏に、北方領土問題解決の秘策あり!?…その他耳よりの情報が満載!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー