fbpx

止まらぬ米国大量閉店、今年中に2万5000店舗閉鎖の衝撃予測。さらなる失業者急増へ

新型コロナウイルスの影響で、米国小売業界では2020年中に2万5,000店舗が閉鎖されるという衝撃の予測が出ました。小売業界からの失業者は、今後ますます増える一方だといいます。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2020年6月25日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

店舗閉鎖は増加の一途

米国小売業界では、2020年中に2万5,000もの店舗が閉鎖される見込みとの予測が出ました。海外報道を翻訳しながら、その悲惨な状況を解説します。

小売チェーンの分析で有名なコアサイトの予想では、今年度、実店舗が2万から2万5,000店舗ほど閉鎖されるとの予測を出している。

今年度初めの予測では、1万5,000店舗の閉鎖であったので、大きな下方修正である。なお、前年の2019年通年の閉鎖店舗数は9,300店舗であった。

コアサイトの調査によると、2020年6月上旬現在の小売分野での店舗閉鎖数は4,000店舗とのことである。

出典:Coresight predicts record 25,000 retail stores will close in 2020 – CNBC(2020年6月9日配信)

すなわち、今年度、下半期には2万1,000店舗の閉鎖を見込んでいることになります。小売業界からの失業者は、今後も減るどころか増加の一方になると考えられます。

世界最大の宝石チェーンも大量閉店へ

最近の実店舗閉鎖の例では、世界最大のダイヤモンド宝石小売チェーンを複数ブランドで実店舗展開しているSignet社の店舗閉鎖報道が注目されました。

中間層顧客グループが縮小していることを肌身で感じているのでしょう。従業員総数は約3万人です。

こちらも現地報道を翻訳しながら解説します。

大手小売宝石店チェーンのSignet社は、約400店舗の閉店を進める予定である。

同社の2020年第1四半期業績は、売上は40.5%減少して852M$へと落ち込んだ結果、291M$の損失となった。 

同社は米国、カナダ、英国で3,200店舗を展開しており、北米地域で約150店舗、英国では80店舗を一時的に休業しているが、これを閉店に切り替え、さらにあと150店舗ほどの閉店を考えているそうだ。

同社はこれまでにも、2018年に150店舗、2019年に200店舗を閉店している。

実店舗販売からオンライン通販へと切り替えているが、それも2020年第1四半期の伸びはたったの6.7%であった。

出典:Signet to permanently close about 400 jewelry stores, including Zales, Kay and Jared – The Dallas Morning News(2020年6月9日配信)

この会社の第2四半期業績発表はまだまだ先になりますが、どのようになるのかまったくわかりません。

Next: 続いて、コロナ不況で婚姻率・離婚率・出生率がどう変わったのかを見て――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー