fbpx

止まらぬ米国大量閉店、今年中に2万5000店舗閉鎖の衝撃予測。さらなる失業者急増へ

婚姻率・離婚率・出生率はコロナ不況でどう変わった?

続いて、コロナ不況で婚姻率・離婚率・出生率がどう変わったのかを見てみたいと思います。まずは以下のグラフをご覧ください。

200706kanshakoune_1

青色折れ線グラフは婚姻率、オレンジ色折れ線グラフは離婚率です。いずれも人口1,000人あたりの率です。

婚姻率は、1920年の狂乱怒涛の時代の人口1,000人あたり12件から、1930年には10件へと下がり、これがその後に8件以下に下がり、そして元の10件に戻ったのは1933年だったのです。

離婚率も傾向としては同じ動きを示しています。

大恐慌の頃の「婚姻率マイナス離婚率」は 黒色の上向き矢印で示しています。2020年現在の「婚姻率マイナス離婚率」は緑色の上向き矢印で示しています。

婚姻率は1980年以降、米国経済の凋落と正の相関関係で減っており、2020年以降は急激に減ると思われます。

出生率のグラフはここには掲載されていませんが、大恐慌当時は1930年当時を100とすると、1933年から1940年の約7年間は85から90の間で推移していました。

となると、2020年から始まった新型コロナウイルス大恐慌では少なくとも2030年頃まで、出生率は下がったまま回復しないだろうと推定できます。

1930年から1933年の間、3分の1の家庭で、家族数が2倍に増えたとの報告があります。その多くは、結婚した娘が夫と子どもを連れて実家に住んだそうです。

このような現象が再び起きる可能性は高いと想像しています。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】日本の税収はもう60兆円を超えられない。税制改悪で経済復活しても財政危機まっしぐら=矢口新

【関連】マスコミが勝手に都知事選「主要候補」を決める恐ろしさ。都民は偏向報道に騙されるな=鈴木傾城

【関連】リスクを避け続けると貧困に落ちる?ドラッカーに学ぶビジネスチャンスの掴み方=俣野成敏

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2020年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・銀行耐久度テスト:合格?不合格?(7/6)
・米国失業率:大恐慌レベルを越した(7/5)
・1933年の金没収の実態(7/3)
・貴金属鉱山産業の現在:武漢冠状病毒の影響(7/2)
・優良企業の大量首切り報道特集(7/1)
→いますぐ初月無料購読!


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2020年6月25日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

image by:Marlon Trottmann / Shutterstock.com
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2020年6月25日号)より一部抜粋、再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー