fbpx

金価格、史上最高値更新でも今が買い?金投資ブーム到来前に知るべき利点と2つの注意点=江守哲

金相場は史上最高値を更新し、今まさに歴史的な動きにある。マスコミもこぞって金投資について取り上げているが、一般の投資家が見落としてがちな2つの重要ポイントについてお伝えしたい。(『江守哲の「投資の哲人」〜ヘッジファンド投資戦略のすべて』江守哲)

本記事は『江守哲の「投資の哲人」〜ヘッジファンド投資戦略のすべて』2020年7月27日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

金相場は続伸

金相場は上昇し、節目の1,900ドルを超え、2011年9月以来の高値をつけた。週明けも高値を直近更新してきている。

米国内で1日に報告された新規感染者数が過去最多となるなど、新型コロナウイルスの急拡大が意識されている。また、今後の景気回復への不透明感に対する懸念が高まっていることや、為替市場でドル安が進んでいることも、ドル建て金相場を押し上げている。実質金利がマイナス圏で推移していることに加え、中銀のバランスシートの膨張も引き続き金相場の上昇要因として意識されている。

さらに、米新規失業保険申請件数が141万6,000件と、前週から10万9,000件増加。一部州での新型コロナウイルスの感染急拡大を反映し、16週間ぶりに増加に転じたことで、労働市場の回復が遅れるとの懸念から、米国株が下落したことも金買いに拍車をかけた。また、米中対立の悪化も材料視され、一時は1,905.99ドルを付けた。

米政府が中国に対し、テキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を命じる一方、中国政府が米国に対し、四川省成都市にある総領事館を閉鎖するよう命じるなど対抗措置を行うなど、両国の関係悪化への懸念が一気に高まったことも、安全資産である金を買う動きにつながっている。

投資家・投機家の買い姿勢が鮮明

世界最大の金上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールドトラストの保有高は、7月17日の1,206.89トンから、24日には1,228.81トンに増加した。投資家の金買いの動きが止まらない状況である。

COMEX金先物市場における大口投機筋の7月21日時点のポジションは26万6,436枚のネット買い越しで、前週から買い越し幅が4,008枚拡大した。買いポジションが4,032枚減少し、売りポジションが24枚増加した。投機家も高水準の買いポジションを維持している。

ついに史上最高値へ

金相場は節目の1,900ドルを回復し、いよいよ史上最高値の1,920.30ドルが視野に入ってきた(※編注:原稿執筆時点7月26日。日本時間27日午前の取引で1,943ドルに達し、過去最高値を更新しています)。早ければ今週中にも到達しそうな勢いです。

金<現物 1oz.あたり> 月足(SBI証券提供)

金<現物 1oz.あたり> 月足(SBI証券提供)

マスコミなどの報道を見ていると、様々なところで金に関する記事が掲載されている。歴史的な高値圏にあることから、当然のことだろうが、そのわりに金ブームが高まっているようには見えない。国内ではまだまだ金投資の広がりがないことが背景にあるのだろう。

実際、筆者の周りにも、金投資に興味を持つ投資家は少なくない。中には、「価格が高い」「買い方はわからない」などの声も聞かれる。それだけ、金投資はまだまだ一般の人にとって身近ではないといえそうである。その意味でも、金投資に関する啓蒙活動が必要と感じる。

Next: 金相場は今まさに歴史的な動きにあるわけだが、私は2016年の安値のとき――

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー