fbpx

母の借金300万円を私たち夫婦が返済しています…=本田健

ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』で有名なお金の専門家・本田健が、あなたの相談にあたたかくお答えします。幸せなお金持ちになるために、現在の自分には何が足りないのか? お金持ちの本質がわかります。(『本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』本田健)

プロフィール:本田健(ほんだ けん)
神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタート。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など累計発行部数700万部を突破。

幸せなお金持ちとして生きるためのヒント

ゆうさん 45歳女性のお悩み

「母の借金300万円を私たち夫婦が返済しています…」

75歳になる母の借金が300万円近くあります。母子家庭で育ったため、私が結婚するときに、母と一緒にお嫁に行きました。現在10歳の娘も授かりました。でも、母にはずっと借金があります。「女親一人で育てたのだから、借金ができてあたりまえ」と全く悪びれる様子もありません。それどころか、衣食住のすべては私たち夫婦が見ているのに、自分の年金で洋服やバッグをいまだに買い続けています。そして、借金は私たちが返済しています。自己破産させようと本人に相談したのですが、「孫の将来に傷がつく」と、自己破産さえしてくれません。その上、私の娘についてもたくさん口をはさんできて、実の親なのに目障りとさえ思ってしまう自分が悲しいです。幸せな普通の家族になりたいのに…。

本田健のアドバイス

「親子関係、お金との関係を、家族で話し合ってみましょう」

あなたは、現代の親孝行を絵に描いたような人ですね!お母さんとの関係が理想な状態でないことに悲しみを覚えているのは、あなたがお母さんのことを大切に感じている証拠です。決して、あなたが悪いわけでもなく、お母さんが一方的に悪いわけでもないと思います。

でも、そろそろ親子関係やお金との関係を見直すときに来ているのかも知れません。家族は、経済的に運命共同体になるところがあります。誰かが、消費に走って借金を作ったら、家族の誰かに責任がかかってくる可能性があります。

お母さんと借金をどうするのか、しっかり話し合う必要があるでしょう。また、旦那さんがいらっしゃるのなら、彼とも、この問題をどうするのか相談すると良いでしょう。親子関係が不健康になっていると、夫婦関係、母娘との関係にも亀裂が入る可能性がでてきます。今までのことを感謝しつつ、これからどうするのか、家族でベストな答えをだしてください。

【関連】お客さんにリピーターになって欲しい… – 本田健 お金のカウンセリング室

【初出:マネーのまぐまぐ! 2008年08月11日】
※マネーのまぐまぐ!は、MONEY VOICEに統合されました。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密

[月額480円(税込) 毎週月曜日(年末年始を除く)]
700万部突破のベストセラー作家、本田健が送るメルマガ。幸せな小金持ちになるために知っておくべきお金と仕事の秘密とは?人生相談ができるQ&Aコーナーや名言なども紹介。大好きなことで経済的自由を手に入れる知恵が学べます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー