fbpx

リベラルは死なず?枝野氏の「立憲民主党」が自民党の痛手になるワケ=近藤駿介

民進党・枝野幸男氏が新党「立憲民主党」の立ち上げを表明。前原氏とは袂を分かつことになるが、この展開は安倍総理と自民党に少なからず痛手となるだろう。(『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料版『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』を好評配信中。

立憲民主党の誕生で、また1つ「口撃」の常套句を失う安倍総理

「納得できない」枝野氏、新党設立へ

民進党の枝野幸男代表代行は1日午前、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」との合流について「(民進党の)理念や政策が変わるならいろんな判断がある」と述べ、希望には合流せず、独自の新党結成も選択肢になるとの考えを示唆した。<中略>

枝野氏は同日午前、前原氏と電話で協議。「(希望との合流を決めた9月28日の)両院議員総会で、前原氏がみんなで新しい器で民進党の理念や政策を実現しようと言った。前提が違うなら私も納得できない」と伝えた。

出典:民進・枝野氏、新党も選択肢 「希望」合流めぐり – 日本経済新聞(2017年10月1日配信)

一体、何が納得できないのだろうか。「民進党の理念や政策を実現」できなかったのは、「民進党の理念」が党内で統一されていなかっただけのことだ。

【関連】テレビが伝えぬ「小池劇場」本当のみどころと安倍総理最大の不安=近藤駿介

歓迎すべき「リベラル派の合流」

リベラルを標榜する人達が1つの政党、グループにまとまることは大賛成だ。それは、「保守」と「リベラル」が明確に線引きされ、「保守」なのか「リベラル」なのか判別できない党が野党第1党でいるという悲劇を解消できるからだ。

おそらく「希望の党」にとっては歓迎すべきことで、「希望の党」に対して「数合わせのために理念も政策も無視した野合」という批判ができなくなる自民党にとっては痛手になるだろう。

気になるのは、なぜ「リベラル新党」結成が必要なのかということ。共産党や社民党と野党共闘を組もうとしていた人達なのだから、共産党か社民党に「合流」すればいいだけのように思えてならないが。

「希望の党」なら当選できるかもしれないが、「社民党」や「共産党」では当選しにくいと考えているのであれば、「リベラル新党」でも結果は同じになりそうだ。所詮、そうした候補に明日はない。

Next: 「ネガティブキャンペーン」に駆り出された小泉進次郎

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい