fbpx

金満国ドバイが「空飛ぶ白バイ」導入へ。これはヤバイ逃げ切れない

中東屈指の金融センターであり、世界有数の観光都市であるドバイ。

人工衛星から確認できる唯一の人工島「パーム・アイランド」や、世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」など近未来的な都市が話題になる一方、時に大きな注目を集めるのがドバイ警察である。

【関連】神か悪魔か。ベーシックインカム時代の勝ち組と負け組、あなたはどっち?=田中徹郎

そのドバイ警察が、最先端の技術を積極的に取り入れる“スマートドバイ計画”を進めている。

これまでにもドローンを搭載した自律走行ロボットパトカーやロボット警官の導入を発表しているドバイ警察が、ホバーバイクによる“空飛ぶ白バイ”を導入する方針であることを明らかにした。

このホバーバイクはロシア企業のホバーサーフ社により開発されたもので、『スコーピオン』と名付けられている。

スコーピオンには2枚の回転翼によるローターが4機搭載されており、一度の充電で25分間の飛行が可能。最大600ポンド(約272キロ)の積載能力を持ち、最高時速43マイル(時速約70キロ)で飛行できるという。

ホバーサーフ社のCEOであるアレクサンダー・アタモノフ氏は、既にドバイ警察向けにスコーピオンの量産を行う覚書に署名しており、2年以内の導入を予定しているという。
渋滞などに左右されない追跡の他、緊急時などの投入を想定しているという、空飛ぶ白バイ。ドバイ警察での運用が成功すれば、各国の警察に普及する可能性もありそうだ。

(※↓詳しくはコチラへ)

参照・画像出典:YouTube(HOVERSURF OFFICIAL)
参照:Mashable Asia/Dubai police will soon zoom around the sky on hoverbikes

(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】皇太子徳仁親王殿下が被害者に!? 「ブルネイ大使館詐欺」の重大疑惑=山岡俊介

【関連】積水ハウスとアパホテルを手玉に取った巨額土地詐欺、共通の黒幕とは?=阿部泰尚

【関連】日本発地獄行き。「念願のマイホームを買う」という幸せゲームの末路=鈴木傾城

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい