fbpx

中身なきトランプ演説は想定内。この株高・ドル高はなぜ起こったか?=馬渕治好

3月半ばにかけ複数の懸念が存在、ただし大きな問題とはなりにくそう

(1)足元の株高の勢いが強すぎるため、かえって利食い売り高値警戒感(米国株はPERでみて、依然として高すぎます)による、短期的な反落が見込まれます。

(2)3月半ばは、下記のようなイベントが集中しています。このため、事前には様子見気分が市場に広がる、あるいは結果によっては短期的な株価や外貨相場の波乱が生じる、といったことがありそうです。

  • ・米予算教書の発表(3/13月 辺りと見込まれる)
  • ・FOMC(3/14火~15水)
  • ・米債務上限引き上げ期限(3/15水)
  • ・オランダ議会選挙(3/15水)

したがって、たとえば日経平均株価については、前述のように今年初の高値を小幅上抜けたとしても、その後の株価の頭は、一旦は重くなりそうです。

3月後半以降の相場は強い動きに

ただし、詳しくは次号の当メールマガジン定例号(3/5日 付)で解説しますが、上記の諸イベントは、中長期的には大きな問題とはなりにくいと考えます。また、世界経済の持ち直しや、日米等主要国の企業収益の回復といった、大きな明るい流れも期待されます。

このため、上記のイベントを越えた3月後半以降は、内外の株式市況や、外貨の対円相場は、再度上値を探る動きを強めるでしょう。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』2017年3月2日号外の抜粋です。毎週いち早く馬渕氏の解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。通常号は毎週日曜日配信です。

【関連】10年で資産3倍?「グレアム流S&P500インデックス投資」の可能性を探る=東条雅彦

【関連】日本株に固執する投資家はなぜ眼前の「歴史的チャンス」に気づかないのか?=江守哲

1 2

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』(2017年3月2日号外)より
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」

[月額1,650円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
最新の世界経済・市場動向をさぐる「ブーケ・ド・フルーレット」(略称:Bdフルーレット)。この代表である馬渕治好が、めまぐるしく変化する世界の経済や市場の動きなどについて、高水準の分析を、わかりやすく解説します。馬渕が登場するTVや新聞・雑誌コラムなどと合わせて、当メールマガジンも是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー