fbpx

全力で取得へ動け! ついに上場「メルカリ」の初値予想と当選後の戦略は?=snowfield

今年最大の注目IPO銘柄「メルカリ」は、6月4日~6月8日午前11時までが申込期間。これはぜひ複数取得を目指すべきです。初値とその後の展開を分析・解説します。(『snowfieldの世界へ投資 メルマガ』snowfield)

※本記事は有料メルマガ『snowfieldの世界へ投資 メルマガ』2018年6月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

日本発のユニコーン企業がついに上場。適正な時価総額はいくら?

抽選申込は6月8日(金)午前11時まで

メルカリのIPOは、6月4日(月)から6月8日(金)午前11時までが申込期間となっています。

主幹事「大和証券」と副幹事「三菱UFJMS証券」の2つの証券会社で、公募売り出しの80%のシェアがあります。

大和証券と三菱UFJMS証券、こちらの2つでの申し込みは必須です(私は先月から、この2社の口座を持っていない方は開設しましょうとお伝えしてきました)。

公募売り出し枚数も多いので、取得できる可能性がとても高いです。

新規株式公開にあわせて、国内外で1,815万9,500株を発行
日本国内公募分:428万8,700株
海外公募分:1,387万800株

また売り出し分は、下記となっています。

合計:2,255万4,800株
国内募集:1,464万8,200株
海外募集:790万6,600株

公募分+売り出し分の合計は、4,071万4,300株(これとは別に、オーバーアロットメントで280万株があります)。

公募分+売り出しの日本国内の合計は、上記数値から1,893万6,900株とオーバーアロットメント分280万株が加えたとして、全体の約半分になります。

もう半分を海外でとなると、上場日に海外勢は場中でダイレクトに売れるのか?

日本国内ではメルカリの海外公募売り出し分2,000万株についての話は一切伝わっていませんね。いったいどこの証券で扱うのか? それはすぐに売れるのか? などの疑問がわきます(海外分については、僕が取引をするシンガポールなどの証券に問い合わせてみますので、また後日に何かわかればお伝えします)。

初値はどうなる?

メルカリの初値について、僕の予想(6月1日時点)では4,300円くらいになるのではないかと思います。

大手予想では、だいたい3,500~4,000円あたりです。公募売り出し価格は、おそらく2,700円で決まってくるでしょう。

Next: 迷わず買うべき? 初値・初値形成後の値動き予想は

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい