お金はあえて眠らせておけ。資産運用で見逃されがちな「待機資金」の重要性=栫井駿介

今回は現金を持つことの重要性についてお話しします。資産運用において現金を多く持っていることは、「お金を眠らせている」意味で投資効率を下げるとされています。しかし、私はそうは思いません。その理由は大きく3つあります。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

投資効率ばかりを追うな。現金を持つことで得られる3つの効用

チャンスを逃さない!「株価下落時の待機資金」

資産運用において現金を多く持っていることは、「お金を眠らせている」意味で投資効率を下げるとされています。しかし、私はそうは思いません。その理由は大きく3つあります。

  1. 株価下落時の待機資金
  2. 短期的な相場下落リスク軽減
  3. いざというときの備え

バリュー株投資の基本的な考え方は、株価が大きく値下がりしたときに集中的に投資することです。しかし、投資資金をすべて運用資金に投入していたら、いざというときに投資できるだけのお金がなく、みすみすチャンスを逃してしまいます

一部を売却して購入資金に充てるという考え方もあるかもしれません。しかし、バリュー株投資では、そもそも本質的な価値を下回る銘柄にのみ厳選して投資を行います。そのため、原則として「売却して良い」銘柄は保有していないのです。

慌てて折角購入した割安銘柄を手放してしまったら、その銘柄が上昇したときの「果実」を逃してしまうかもしれないのです。こんなことを繰り返していては、なかなかパフォーマンスは上がらないでしょう。

そう考えると、いざという時に出動できる一定の現金をあらかじめ確保することが望ましいでしょう。例えば、運用に充てられる資金のうち「30%現金として保有する」というマイ・ルールを定めても良いでしょう。

また、現段階で十分な資金を用意できていないのなら、毎月の収入から一定額を現金で積み立てておいて、貯まった資金をチャンスに備えた「プール金」として準備しておくのも有効な手立てになるでしょう。

分散投資より効果的「短期的な相場下落リスク軽減」

バリュー株投資のもう1つの重要な点は「できる限りリスクを減らすこと」です。もちろん、株価が本質的な価値を下回る割安な銘柄に投資をしていれば、長期的なリスクを軽減できます。しかし、どんな銘柄も相場全体の大きな下落には逆らうことはできません

保有資産を全て株式で持っていたとしたら、相場が大きく値下がりしたときには資産全体が大きく目減りしてしまいます。景気後退時には、マネーそのものの収縮から不動産や外貨も下落してしまう可能性が高く、分散はあまり意味を持ちません

その点、現金はマネーが収縮したとしても目減りすることはありません。ポートフォリオの一部を現金で保有していれば、相場全体の下落による資産の目減りを軽減できるのです。

また、相場全体の下落局面こそ、バリュー株投資にとって絶好のチャンスです。そのときに資産の目減りによる精神的な落ち込みを回避し、追加投資するための現金があれば、時間的な集中投資によりパフォーマンスを一層向上させることができるでしょう。

すなわち、現金を持つことはリスクとチャンスに同時に備えることになるのです。

Next: 現金は何にでも使える「いざという時の備え」となる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい