fbpx

出来高が少なく売るに売れない「含み損銘柄」どう対処すべき? – 矢口新の『トレードセンス養成講座』

相場の世界で勝ち組になるには、価格の変動要因やリスク・リターンの本質を掴まなければなりません。わたし矢口新が監修するこの講座で、あなたも「相場力UP」を目指しましょう。

今回の問題

以下の問いを読んでもっとも正解に近いと思う解答を選んで下さい。
資金管理に関する問題

「継続疑義解消の見込み」のIRを出し、翌日の場中でストップ高にタッチする場面もあった銘柄に、あなたは十分割安と判断して大量の買いを入れました。ところが1週間後には株価、出来高ともに元の水準に戻ってしまい、その過程でも買い下がったため不相応に大きなポジションになってしまいました。8%ほどの含み損が出ていますが出来高が少なく売りづらい状況です。ここからの正しい対応は?

矢口新(やぐち あらた)

1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。アストリー&ピアス(東京)、野村證券(東京・ニューヨーク)、ソロモン・ブラザーズ(東京)、スイス・ユニオン銀行(東京)、ノムラ・バンク・インターナショナル(ロンドン)にて為替・債券ディーラー、機関投資家セールスとして活躍。2002年5月株式会社ディーラーズ・ウェブ創業、2013年5月まで同社代表取締役社長。JTI(Japan Trading Intelligence)初代(2003~2007年)代表。

現役プロディーラー座右の書として支持され続けるベストセラー『実践・生き残りのディーリング』のほか、『出来高急増で天底(節目)のサインを探る!リスク限定のスイングトレード』『テクニカル指標の成績表』『相場力アップドリル』『トレードセンス養成ドリル』『なぜ株価は値上がるのか』など著書多数。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー