fbpx

日経平均は822円安の大幅下落、米国株暴落を嫌気して4月以来の安値水準へ(10/25)=山本伸一

きょうの日経平均株価は大幅に反落、終値は前日比822円安の2万1,268円。4月3日(2万1,292円)以来、約6ヶ月半ぶりに終値ベースで2万1,300円を下回った。(『株とまとの「株式投資戦略」』山本伸一)

東京市場は昨晩の米国株暴落を受けて全面安へ。今日の動きまとめ

米国市場に起きた暴落

昨晩の米国市場は暴落。物価上昇や住宅指標軟化を嫌気した投げ売りに押されています。ダウ平均株価は、前営業日比608.01ドル安の24,583.42ドル。ナスダック総合指数は329.14ポイント安の7,108.40ポイントで取引を終えました。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

為替相場では1ドル112円台を割り込む円高推移となっています。

日経平均株価も暴落へ

前営業日に見直されていた東京市場は米国株暴落とともに見切り売りが先行。日経平均株価始値は21,676円の大幅反落スタートとなっています。寄り付き後は、日経平均株価の下げ幅は700円を超え、このまま下値探りの流れとなりました。後場では、7月安値割れで4月以来の安値水準となっており、下げ幅は800円を超えています。

日経平均株価終値は、822.45円安の21,268.73円。東証1部の売買代金は概算で2兆9813億円。東証1部の売買高は概算で16億4130万株。値上がり銘柄は34(1%)に対し値下がりは2072(98%)、変わらずは3(0%)となりました。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価の暴落とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンクグループ<9984>、ファナック<6954>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>などが総じて安く、指数を押し下げています。

値がさ株のキーエンス<6861>、日本電産<6594>、中核銘柄の小松製作所<6301>、SUMARU<3436>、東京エレクトロン<8035>なども売られました。

売買代金上位では、インバース型ETFの日経ダブルインバース<1357>にヘッジ目的の買いが入っています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の全業種が下落。値下がり上位にサービス、ガラス土石、その他製品、医薬品、電気機器、非鉄などが並びました。

個別では、決算評価の月島機械<6332>、ビオフェルミン製薬<4517>などが物色されました。

新興市場では、イーソル<4420>、ブロードバンドセキュリティ<4398>、極東産機<6233>などが賑わっています。

【関連】まだ投資の勉強をしているのか? 個人投資家がプロから大金を奪う方法は1つしかない=鈴木傾城

【関連】東京五輪の費用、当初7000億から3兆円へ。予算も気候も偽って誘致した責任は誰が取るのか

【関連】貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体=午堂登紀雄

株とまとの「株式投資戦略」』(2018年10月25日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

株とまとの「株式投資戦略」

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。昨晩のニューヨーク市場や今日の東京株式市場の全体相場の値動きを解説。株式市場をめぐる資金の流れを細かくウォッチして、明日の投資戦略を提供します。さらに、動いた個別銘柄を中心に弊社精鋭アナリストが分析、市場参加者がどこに目を付けて利益を得ているのか。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい