fbpx

好き嫌いで仕事しろ。夜の銀座ママを25年やって気づいた成功者の共通点

なぜ成功している方は、好き・嫌いで仕事と取引相手を選ぶのでしょうか。夜の銀座で25年という年月を過ごしてわかった夢を叶える人の特徴をお伝えします。(『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』)

※本記事は有料メルマガ『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』2018年10月17日, 10月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:日高利美(ひだか としみ)
1975年生まれ。18歳で銀座のママになるべく銀座で働き始める。多くの一流ビジネスマンを接客することで、一般常識とマナー、気配りの大切さを学ぶ。26歳で銀座のクラブのオーナーとなり、現在は複数の会社を経営する実業家として活躍中。ライフワークとして、米国ロサンゼルス、シリコンバレーやシンガポールでの海外公演をはじめとし、国内では企業の経営者や就職活動中の学生に対する講演から女子力アップセミナーまで、幅広い世代に向けたセミナーの講師を務める。

好き嫌いで判断、相談相手がいる…成功者が共通して持つ資質は?

成功者の共通点その1:好き嫌いで仕事している

私が夜の銀座で出会った成功している人、経営者の皆さまの共通点のひとつに、「好き嫌いで仕事している」という特徴があります。

例えば、何かを購入する場合、同じ品物を売っている人がいて、ひとりが好きな人、もうひとりが嫌いな人なら、どちらと取引しますか?

私なら自分が好きな人と取引します。

社会人になると、好き嫌いで人を評価するのは良くないことだと言われることもあります。しかし、本当にそうなのでしょうか?

「第一印象」も好き嫌いから

人は普段から好きか嫌いで様々なことを判断しているように思います。

ここで言う成功している人や経営者の人に共通している「好き嫌いで仕事している」という意味は、「仕事の内容を個人の好き嫌いで選り好みをしている」とか、仕事関係の人を好き嫌いで判断して「態度を人によって変える」という意味ではありません

「仕事に好き嫌いを持ち込まない」ということは、社会人としてよく言われていることだと思います。

ですが…、例えば「第一印象」。

第一印象は、3~5秒で決まるという説や、7秒・15秒で決まるという説もあります。私は、その人が目に入った瞬間に第一印象は決まると思っています。そして、最初に感じた印象は、その後も変わりづらいものです。

また、最初の印象は良かったり悪いものではなかったのに、お付き合いを継続していくなかで変わっていくこともあります。

成功している人や経営者の人達は、今までのご自身の経験から勘も大切になさっています。だからこそ「なんか好き」「なんか嫌い」という感覚も大切にされています。

もちろん、社内でも社外でも仕事が円滑にいっている場合は、嫌いな人とでも仕事は仕事と割り切ってお仕事をなさっています。

その人のことが好き嫌いで判断していると言うよりも「信念が共感できない人とは一緒にいたくない」というのが正しい言い方かもしれません。

Next: 成功者は「信念が共感できる人」と付き合う/必ずそばに相談者がいる?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい