fbpx

安心ではなく不幸を買うハメに~終身保険に加入する時代は終わった=落合陽平

終身保険など貯蓄性保険の魅力が急低下しています。日銀の低金利政策に起因する予定利率の低下により、保険料はバブル期に比べ倍以上の値上がり。これらの商品を営業マンに勧められても、安易な契約は禁物です。(『落合王子のマネーアカデミー』落合陽平)

生命保険料の改訂で、終身保険など貯蓄性保険の魅力が急低下

貯蓄性保険を学資目的、もしくは一時払いに絞るべき理由とは?

生命保険各社は、2017年4月以降の新規契約者から順次、生命保険や医療保険など主力商品の保険料を全面改定する。

低金利と平均寿命の延びを反映させるもので、16年から準備作業を始める契約者の年齢によっては保険料が1割前後の増減となるなど、大規模な見直しになりそうだ。

保険料が下がれば、契約者は保険に加入しやすくなるが、保険会社にとっては収入減となる。日本はすでに世界第2位の保険市場で、加入率も高い。「保険料が下がっても、さらに加入率が上がることは考えにくい」(大手生保幹部)との指摘もある。

一方、医療保険は値上がりするため、保険会社によっては競争力を高めようと、価格を据え置く可能性もある。別の大手生保幹部は「新たな価格競争につながる恐れもある」との懸念を示した。

出典:生命保険料、全面改定へ…年齢で1割前後増減も – 読売新聞(2016年1月2日)

保険料の全面改定は2013年にも一度行われ、保険会社個別では改定は何度も起きている。

改定はどれもワンパターンで、終身保険などの貯蓄性保険の保険料は軒並み値上がり、あるいは販売停止という、貯蓄性保険にフォーカスをあてたものだ。

保険料は以下の3つで構成されている。

  1. 生存率・死亡率の指標となる「生保標準生命表」
  2. 予定利率の参考となる標準利率
  3. 人件費や物件費といった事業利率

このうち、予定利率および標準利率は昨今の低金利で下がり続けている。例えばバブル期(85年~90年)の予定利率は5.5%~6.25%だったが、2013年4月以降は1%まで下落している。銀行預金よりは高いとは言いつつも、正直どんぐりの背比べにしか見えないレベルになっている。

予定利率がどう保険料に影響を与えるか、例えばある保険会社ではこうなる。

■終身保険 死亡保険金 1,000万円 30歳 男性 60歳払済

予定利率5.50% 月払 10,100 円
予定利率3.75% 月払 13,700 円
予定利率1.65% 月払 21,150 円
予定利率1.00% 月払 23,950 円

私が営業マン時代に終身保険を売らなかった理由

保険は営業マンによって販売スタンスが大きく変わる。終身保険を分厚く販売していく人、掛け捨てを中心に販売する人、様々だ。私は後者のほうで、終身保険を分厚く販売することには乗り気ではない方だった。

もちろん手数料的には、終身保険をガツンと販売したほうが稼げるとは思うが、10年以上利回りが変わらない商品、かつこの20~30年で倍以上値上がりしている商品を販売する気にはなれなかった。逆に掛け捨ての死亡保険は1/3程度値下がりしている。万一に備えるのが保険なのだから、万一の時に最大の恩恵を受けれるようにするのが一番と考える。

いまだに中途半端に終身保険を販売して保険料稼ぎをしている営業マンがいるのは事実で、これで万一死亡が発生した場合にも、家族が生きていける掛け捨てに加入させているなら問題はないのだが、そうでないなら罪人と一緒である。顧客に安心ではなく、不幸を届けているのだから。

貯蓄性保険は学資目的、もしくは一時払いに絞ってよい、というのが私の見解であり、今の保険業界の流れは間違いなくそうなっていると思う。それ以外の貯蓄性保険は、もう少し景気が上向いてからにするべきだろう。

【関連】アプリ内決済で財布いらず。日本とはちょっと異なる米国の決済環境の変化=三浦茜

落合王子のマネーアカデミー』(2016年1月18日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

落合王子のマネーアカデミー

[月額540円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
これまで1000世帯以上のライフプランニングを手掛けてきた若手ファイナンシャルプランナー「落合 陽平」がお届けする”お金”と”経済”のはなし。フラットな立場で、ライフプランに役立つ情報から、世界の政治経済まで、「誰にでも分かりやすく」をモットーに、独自の視点で「お金」の本質を解いていきます。学生から今一度勉強したい大人まで、これを読めばニュースの本質が分かる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい