fbpx

妻の収入が高いと夫のストレスに。英研究で明らかになった円満に稼げるラインとは=川畑明美

妻の収入が世帯年収の40%を超えると、夫のストレスが大きくなることが英バース大学の研究によって明らかになりました。この価値観は当分、変わらないでしょう。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

夫の収入を妻が知らない家庭は、さらに夫婦関係が悪くなる?

親世代と違う環境になるとストレスがかかる

妻の収入が世帯年収の40%を超えると、夫のストレスが大きくなるという論文が発表されました。
※参考:Men’s stress rises when their partner earns over 40% of the household income, study reveals – The telegraph(2019年11月21日公開)

英バース大学の研究者が6,000組のカップルを分析した結果です。

研究者は、今までの社会的習慣の圧力で、ストレスがあるのではないかと考察しています。

つまり、親世代と違う環境になるとストレスがあるということですね。

あえて夫よりも収入を低く抑えるケースも

私(川畑家)の場合で考えてみました。

婚約・結婚初期は、私の年収は世帯年収の40%くらいでした。

出産・未就学児の頃は、私の収入は落ちて、世帯年収の20%くらいでした。

その後、次女が小学生になり独立起業します。

次第にまた、世帯年収の40%に戻り、法人化を経て40%を少し超えました。

ただし、私はあえて、主人より多くの給料を得ていません。

法人にすると役員報酬を自分で決められるので、少し下回るように調節しています。

Next: 夫の収入を知らない家庭は、もっと夫婦仲が最悪に?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー