fbpx

海外メディアも「桜を見る会」に不信感、安倍政権の大嘘で日本株が投げ売りされる=今市太郎

「桜を見る会」を巡る嘘の積み重ねで、現政権はとうとう末期に至っている気配濃厚です。ついに海外メディアも騒ぎ出し、日本株が投げ売りされる恐れがあります。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年12月3日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

データ破棄は先進国家ではありえない?海外メディアも騒ぎ出した

安倍政権はもう死んでいる?

私は子どものころからまったく漫画というもの読まない人間で、漫画といえばもっぱらテレビで見るだけの人間でした。

その私でも知っている漫画の台詞の1つに、『北斗の拳』の「お前はもう死んでいる」という言葉があります。この漫画の詳細説明については、さすがにこのメルマガでは差し控えたいと思います。

実はこの言葉、今の安倍政権にそっくりそのまま差し上げたいような状況になってきています。

読者の方からは、直接的にFXに関係ないことをメルマガに載せるなという、厳しいご指摘もいただきます。しかし、政権の状況というのは決して為替に無関係なものではありません。

とくに足元における安倍政権の行状は、間違いなく為替にも影響を与える大問題になりつつあることを、しっかり理解する必要があります。

安倍首相がついたシンクライアントの大嘘

参議院における代表質問の回答など、安倍総理が自身で書いていることなどありえないことは、いくら何でもほとんどのまともな国民なら誰しも理解していると思います。

2日の参議院代表質問で極めて興味深かったのは、安倍首相の「桜を見る会」の参加者データに関する答弁でした。

サーバーというのが通常の言い方なのに、「サアバ」というのは、考えてみると三菱系の企業の表記のような気がしました。

首相の答弁によれば、内閣府が利用しているのはシンクライアント、つまりクライアント端末の中にハードウエアによるデータ蓄積をせず、常にネットワークで接続してデータセンターサーバーに接続し、そのサーバーにデータを蓄積する仕組みを利用しているとのこと。

それゆえに、一定の時間が経つと消去したデータを復元することはできないというものでした。

現状では、内閣府がオンプレミスで自前のサーバーを利用してシンクライアントを稼働していたのか、完全に外部のIDC(=インターネットデータセンター)を活用してクラウドサーバーを
利用していたのかは、契約内容がわからないためはっきりしません。

しかし1つだけ間違いないのは、クラウドの場合、顧客のデータを守るのが最大の重要事項であり、ビッグデータ華やかなりし今どき、蓄積したデータを短時間で安い費用で簡単に分析することはあっても、安易に短時間に廃棄するという行動はほとんど起きないのが現実です。

外部に見せられないものについては秘匿による制限がかけられるのが基本で、データを破棄するというのは、今どきのデータ社会ではまったくあり得ない話といえます。

Next: データ破棄は先進国家ではありえない? 海外メディアも騒ぎ出した

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー