fbpx

相談しないと損? コロナ貧困をひとりで抱え込まない方がいいワケ=牧野寿和

コロナ禍でお金に困っている人は、ひとりで悩むよりも、思い切って誰かに相談することをおすすめします。ファイナンシャルプランナーなど家計見直しのプロに相談するだけで、無駄な出費が減ることは多々あります。(『【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ』牧野寿和)

プロフィール:牧野寿和(まきの ひさかず)
ファイナンシャルプランナー、牧野FP事務所代表。「人生の添乗員(R)」を名乗り、住宅取得計画やローンプラン、相続などの相談業務のほか、不動産投資、賃貸経営のアドバイスなども行う。著書に『銀行も不動産屋も絶対教えてくれない! 頭金ゼロでムリなく家を買う方法』(河出書房新社)など。

お金の無駄使いは無くせる

私は、ファイナンシャルプランナー(FP)として働いています。業務内容の中には、相談者の想いを実現するために、また効率的にお金を使えるように提案をして、その実行のサポートをしていくことがあります。

このFP業務を創業して、17年になりました。

この間に、

・リーマンショック
・東日本大震災
・新型コロナウイルスの流行

など、様々な家計に影響を及ぼす出来事があり、また現在進行中のこともあります。

ただ、いつの時代でも「無駄使いをしない方法」には共通点があると思っています。今回は、この私の思いをお話してみます。

専門家に相談したほうが家計の節約につながる

最初に今回のテーマへの思いをお伝えします。

それは、「専門家に相談した方が家計の節約につながる」ということ。つまり、専門家に頼ったほうが家計の節約につながり、また、無駄な時間を使わずに済むこともあります。

車が故障した場合、その修理に専門的な技術を必要とする場合には自分で直すことはできず、専門家である自動車の修理工場に修繕の依頼をするでしょう。

また、自宅の内装の模様替えをしたい場合、専門の業者に依頼することもあれば、DIY的な趣味としてご自身で作業をすることもあるでしょう。

この場合、業者に依頼すれば、家に来てもらうだけで1人当たり1万円以上の日当や材料費、それに取付けのための費用も請求されるかもしれません。しかし、ご自身で作業をするならば、壁紙など張替に必要なものは100円ショップやホームセンターで購入することも可能でしょう。

ただ、出来栄えや耐久性を追求する場合は、専門の業者に依頼したほうがお金はかかっても効率的かもしれません。

繰り返しになりますが、家計の見直しに関しても、専門家に頼ったほうがより家計の節約につながったり、無駄な時間を使わずに済んだりすることもあります。

Next: 「安物買いの銭失い」ともいわれています。安い物を買っても、それがすぐ――

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー