fbpx

割り勘デートを婚活女子が喜ぶべき理由。女の勘違いはモラハラ夫を生む=山本昌義

30代前半の独身女性から「初デートでオゴらない男性がほとんど。見限るべき?」との婚活相談を受けました。まず、女性側が目を覚ます必要があります。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

【関連】「専業主婦の妻が働かない…」夫のボヤキが完全に間違っているワケ=山本昌義

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

「ほとんどの男性が初デートでオゴってくれない」

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、30代前半の独身女性から、婚活でのお金についての相談をいただきました。「ほとんどの男性が初デートでもオゴってくれない。これってどうなの?」という内容です。

今までお金で男性の愛情を測ってきたものの、あまりに違う男性が続いて悩んでいるとのこと。ちなみに当人は年収400万円の会社員です。

この手の内容は方々で言われており、様々な角度で指摘することができるのですが…。ひとまず、感情を落ち着けて考えてみましょう。

今回は、婚活でお金を出さない男性について、大切なポイントをお伝えします。

男性に求めすぎてない?

さて、まずは基本ですが、「お金を出さないのも1つの欠点。そのうえで、どうする?」という視点を持つのはいかがでしょうか?

少なくとも、あなたからすれば、お金を出さない男性は対象外のように感じるでしょう。それほど致命的な欠点、そう感じるのは自由です。

ただ…少なくとも世の中、あなたを中心に回っていません。

あなたがどんなに男性にお金を出すことを望んでも、その通りに動いてくれるかどうかは、その男性次第です。2度目のデートがないなら、本当に運任せといえます。

また、女性をスマートに扱える男性はモテますし、そうでないから未だに残っているのが独身男性です。その男性陣を相手に、少し求めすぎとも思えます。

婚活も今や「男女平等」

それに、デート代をオゴってくれたら満足なのですか?

それだけでは飽き足らず、他の条件もあったからこそ、延々と婚活がうまくいかない状況が続いているのかと。

理想を追い求めるのは自由ですが、リミットは近いです。欠点のない人間はおらず、長所のない人間も中々いません。

お金を出さないだけで見限るのは、少し残念に思えます。むしろあなた自身、お金を出さない女性として見限られるかと。

結婚とともに、婚活でも今や「男女平等」が基本です。少し落ち着いて、選別ポイントを考えてみましょう。

Next: 男性にお金を多く出させるのは、結婚後の「男尊女卑」を助長する行為

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー