fbpx

投資信託の新商品は地雷だらけ?テーマ型のワクワク感に大損の罠=川畑明美

無料説明会ではリスクが説明されない

それを理解して購入しているのでしたら良いのですが、無料説明会では、そういうリスクは紹介されません。

そして、大抵が値上がりしているテーマなので、高掴みしているケースがほとんどです。

さらに始末に追えないのが、ピークが過ぎて価格が下がった時に「この商品を売却した資金で、この新しい投資信託を購入しましょう」と、また新たなテーマ型の投資信託を勧められて購入してしまうのです。もちろん、それらの投資信託は、たっぷり手数料も取られています。

そんなことを繰り返していると、お金はドンドン目減りしてしまいます。

【関連】夫の収入「知らない」が37.9%。夫婦間の“所得隠し”は老後破産・熟年離婚の元凶になる=川畑明美

【関連】日本は「時代遅れ」で滅ぶ。高齢者の半数がネット使えず、少子高齢化で衰退へ=鈴木傾城

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

image by:Worawee Meepian / Shutterstock.com
1 2

教育貧困にならないために』(2020年9月23日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー