fbpx

メルマガ日本一はあなたが決める!「まぐまぐ大賞2020」投票受付中(12/6まで)

投票受付中(12/6まで)「まぐまぐ大賞2020」の栄冠はどのメルマガに?

2020年も残すところあと2か月ちょっと。今年はコロナ一色だった印象もありますが、山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」が開業したり、棋士の藤井聡太さんが最年少でタイトルを獲ったり、菅内閣が誕生したり、有名人が不倫したり、いろいろなことがありました。

そして、来年以降の世界情勢を動かしかねない年末にかけてのビッグイベントといえば、米国大統領選と、毎年恒例の「まぐまぐ大賞2020」です!

201020mag2award2020

今年イチバン輝いていたメルマガを、皆さまからの推薦を元に選んじゃおう、というこのイベント。けっこう歴史のあるイベントで、現在もページが残っている16年前の「まぐまぐ大賞2004」を見ると、なんともいえないノスタルジックな気分に浸れます。昨年の「まぐまぐ大賞2019」ページの最下部から過去数年分の受賞メルマガを確認できるので、興味をお持ちの方はご覧になってみてください。

さて、ここで、昨年2019年のまぐまぐ大賞受賞メルマガを見てみましょう。

<まぐまぐ大賞2019「総合大賞」トップ5>

第1位【最も早くオシャレになる方法】現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断 MBさん

第2位堀江貴文のブログでは言えない話 堀江貴文さん

第3位高城未来研究所「Future Report」 高城剛さん

第4位辛坊治郎メールマガジン

第5位スピリチュアル・カウンセラー並木良和の「目醒めへのパスポート」

そうそうたる顔ぶれで、2019年の顔とも言える人気発行者さんたちが受賞されていますよね。実は、各メルマガの登録ページに、とあるバナーがあるのに気づいた方もいるのではないでしょうか? 

201020mag2award2020_baner

コチラです!各メルマガ登録ページ(の右上のほう)にあるこの↑バナーをクリックすると、そのメルマガを「まぐまぐ大賞2020」へ推薦できるというワケなんです!ぜひ、いつも読んでいるメルマガの登録ページをチェックして、「まぐまぐ大賞2020」に推薦してください。メルマガ推薦フォームからも推薦できますので、「これが日本一だ!」というメルマガがすでに決まっている方はこちらのフォームから教えてください!

まだ「まぐまぐ!」のメルマガを登録したことないよ、という方は、こちらの「まぐまぐ!トップページより、気になるメルマガを探してみてはいかがでしょうか?もし気になるメルマガが見つかって応援したい!というときは、ぜひ「まぐまぐ大賞2020」へのご投票をお願いします。

● 「まぐまぐ!」TOPページ

新人賞・メディア賞・部門別賞にも注目

もう少しだけ、2019年の受賞メルマガをご紹介します。まぐまぐ大賞では、もっとも輝いたメルマガを決める「総合大賞」のほか、新人賞・メディア賞・部門別賞なども用意されています。今ご覧いただいているメディア「MONEYVOICE賞」の受賞メルマガはどれも読み応え十分なので、ぜひチェックしてみてください!

<まぐまぐ大賞2019「MONEYVOICE賞」トップ10>

第1位鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編

第2位勝又壽良の経済時評

第3位バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問 栫井駿介さん

第4位俣野成敏の『サラリーマンを「副業」にしよう』実践編

第5位マンさんの経済あらかると 斎藤満さん

第6位未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 高島康司さん

第7位『カレイドスコープ』のメルマガ

第8位江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

第9位午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門

第10位花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編

メルマガ推薦の締め切りは、2020年12月6日(日)の23:59まで。そして、寄せられた皆さまの推薦をもとに、今年の大賞メルマガが決定されます。

まだ間に合います! 日本一のメルマガを決めるのは、あなたたちです!!

image by:Jag_cz / Shutterstock.com
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー