fbpx

東京五輪を敢行し玉砕する日本。「反対7割」声届かず、なぜ我が国は現実逃避を好むのか=山崎和邦

東京五輪は国民の7割が開催しないほうがよいと思っている。だが、近年の歴史で見ても、日本は責任者が不明確のまま第二次大戦に突入していった。このままなし崩し的にオリンピックは開催されるだろう。止めるとしたら小池都知事だけか。(「週報『投機の流儀』」山崎和邦)

【関連】東電株は超長期で大暴騰へ。「脱炭素」は原発再稼働の呪文、経産省の狙いは売却益=山崎和邦

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』』2021年5月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

まるで第二次大戦直前の日本

「誰が考えてもやらない方がいい。どういうやり方をしても失敗に終わることが事前にわかっていながら、誰も止めることができなかった」……これは第二次世界大戦であり、戦艦大和の出撃である。

山本七平に言わせれば「空気」が決めたという。日本は空気で決まるという。菅首相は、五輪の決行か中止かの決定権はIOCにあると言っている。

IOCバッハ会長は「日本国民の皆さんは色々な苦難を立派に乗り越えてきた経験がある。今度も立派に乗り越えて五輪をやるだろうと思う」(テレビで見た字幕の通りに書いた)と言っている。

一体、誰が決めるのか。

五輪に関係する橋本・丸川・小池の3人の女性は、筆者が思うに丸川・小池は目立ちたがり屋で国民や都民はどうでもよく、目立つことばかり一生懸命やっている人だ。特に小池は目立つことが好きで、またその才能もある。オリンピックを利用して、何とか大いに目立って国政に参加する野心を実現するために何か画策するに違いない。

例えば、小池がみんなの前でオリンピック中止を宣言して泣いて見せれば、それは印象に残る。エジプトの官僚に賄賂を渡してピラミッドにのぼらせてもらって、和服に着替えて写真を撮った。和服でピラミッドにのぼるという写真を出して、本にもした。都知事選の前に石原伸晃に喧嘩を売って「組織と個人の戦いをご覧あそばせ」と言って注目を浴びた。小池も黙っているはずはないと思う。

ところで、オリンピックについてどう思うかというと、共同通信社のアンケートによれば、「中止すべきだ」が約40%、「再延期すべきだ」約35%である。誰が考えてもどうやってもうまくいかない、ということはみんながわかっている。

それでも第二次大戦は始まった。それでも戦艦大和を出撃させた。それでも沖縄戦は戦った。同様にオリンピックも決行してしまうのが日本国の意志決定だ。

まして菅総理だ。空気に流され、空気で決まる。菅総理こそ、その適役である。

そして後になって、金メダリストも銀メダリストも「世界の一流選手が参加していない中でとったメダルだから、本物のメダルではない」などと言われる。

結果的には失敗に終わる。

ところが、日本はその失敗から学んだ。だが、学ばせたのはGHQだった。オリンピックの問題ではIOCはGHQのような権力は持たない。その指導力もない。

Next: 止められるのは小池都知事だけ

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー