fbpx

「FOMC騒ぎ」から緩やかな上昇基調へ。日経平均は2万9000円近辺固めの動意乏しい展開も。日経平均・米ドル/円 週間展望=馬渕治好

今週は日米で主要な経済指標が公表予定で、日本では2月本決算企業などの3~5月期決算の発表も続く。ただ、そうした諸材料で日本の株価が大きく上下に動くとは見込みにくい。今週の日経平均株価は、2万9,000円近辺固めの動意に乏しい展開に、上昇の色合いが少しだけ加わったような推移となろう。(『馬渕治好の週次メモ「時の花」』)

※本記事は有料メルマガ『馬渕治好の週次メモ「時の花」』2021年6月28日号の一部抜粋です。毎週いち早く馬渕氏の解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。市場急変時には号外の配信もあります。

今週(2021/6/28~7/2)の日経平均予想: 2万8,700~2万9,400 円

(先週の予想:2万7,900~2万8,800円、実績値:2万7,795.86~2万9,174.17円)

先々週の「FOMC騒ぎ」が、先週初月曜日(6/21)の日本市場までは持続したが、その後は世界的な株高へと転じた。

【関連】日経平均2万8000円割れは「FOMC後の空騒ぎ」だ。短期波乱を経て緩やかな株価上昇基調へ回帰=馬渕治好(6/21公開)

今週は日米で主要な経済指標(日本の雇用関連諸統計や鉱工業生産、日銀短観、米国のISM製造業指数や雇用統計など)が公表予定で、日本では2月本決算企業などの3~5月期決算の発表も続く。

ただ、そうした諸材料で日本の株価が大きく上下に動くとは見込みにくく、先々週初までの波乱からの脱却が持続しつつも、株価を大幅に押し上げるような要因にも欠ける。今週の日経平均株価は、2万9,000円近辺固めの動意に乏しい展開に、上昇の色合いが少しだけ加わったような推移となろう。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

今週(2021/6/28~7/2)の米ドル円相場予想: 110.00~111.30 円

(先週の予想:109.50~110.50円、実績値:109.72~111.11円)

先週の米ドル円相場は、111円超えに強含んだが、対欧州通貨などでは米ドル安が進んだ。つまり、非米ドル>米ドル>日本円といった強弱が概ね優勢となり、米金利先高期待による米ドル高とは言い難い。むしろ、日本円の全面安であった。

この点からは、「FOMC騒ぎ」からの諸市場の脱却が、外国為替市場においても投資家のリスク追及的な姿勢を促し、米ドル安とそれ以上の円安を引き起こしたと解釈される。

今週は、米雇用統計などをにらみつつも、米ドル円相場の動向を大きく決定づけるような展開とはなりがたく、市況は大きくは動かないと予想する。

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

今週の一枚:日銀短観業況判断DIの差の推移

210628m_1_f

6月調査の日銀短観は、7/1(木)に公表される。最も注目される大企業の業況判断DIについては、「最近」の景況について、製造業は3月の+5から+16に、非製造業は同じく-1から+3に、それぞれ回復すると予想されている。

通常、業況の振れは製造業の方が大きい(好況期には製造業の業況判断DIが大きく改善し、不況期には製造業の方が大きく悪化する)ため、製造業のDIから非製造業のDIを引くと(図)、景気循環をよく示す。典型的な不況期(図中の点線の丸印)には、グラフが大きく低下している。

ただし最近では、2019年12月がグラフの底となっている。これは2018年10月に景気の山となったあと、製造業主導で景気悪化が進んだことによる。その後はコロナ禍により、通常のパターンとは異なり、小売、外食、旅行関連などの非製造業が大打撃を受け、グラフは景気悪化に逆行して上昇を始めた。

しかしそうした「異例な」状況はやや一巡し、足元では製造業と非製造業の両方の景況感が改善しつつ、製造業が輸出増などによりリードする形で、グラフの上昇が鮮明となってきている。上図の2021年6月時点のグラフは、3月調査の日銀短観の「先行き」判断を用いて描いているが、前述の6月調査の「最近」のDIの事前予想通りの数値となれば、グラフ(製造業と非製造業のDIの差)は13にまで上昇することとなる。

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『馬渕治好の週次メモ「時の花」』2021年6月28日号の一部抜粋です。毎週いち早く馬渕氏の解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した項目もすぐ読めます。

【関連】野村HDの決算に見た底力。アルケゴス損失2500億円は勉強代、本邦金融機関に影も踏ませぬ圧倒的な将来性=澤田聖陽

【関連】「ビットコイン投資は競馬と同じ」人工知能に相談したら返ってきた3つの警告=矢口新

【関連】国家崩壊の危機には実物資産の方が危うい。戦争の大混乱でも株式市場は動き続ける=鈴木傾城

image by:Bro Crock / Shutterstock.com

馬渕治好の週次メモ「時の花」』(2021年6月28日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

馬渕治好の週次メモ「時の花」

[月額1,650円(税込) 毎週月曜日]
毎週の、日経平均株価と米ドル円相場の見通しを、数値を挙げて解説します。前週の見通しと実際の相場を比較し、予想が当たったか外れたかが、わかるようにしています。注目される図表を取り上げる、「今週の一枚」のコーナーもあります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー