fbpx

資産運用の成否は“性格”次第。投資ブームでも「コツコツ貯蓄」が正解の人の特徴は?=牧野寿和

実際に投資を始める人は少ない

ここまでお話をすると、「銀行に預けておけば、家でタンス預金をするのと違って盗難の心配をする必要はないし、利息は付かないけど、定期預金でいいや」という方もいるでしょう。

また、「元本は保証されていないけど、一度、株式投資/不動産投資をやってみよう」という方もいるでしょう。「石橋を叩いても渡れない性格なので、株式投資はとてもできない」という方もいるでしょう。

このように思っている方で、元本の保証のない商品(投資信託も含めて)を実際に運用される方は、多くはないようです。悶々と生涯「やろうかな」思っているだけで行動に移さない方もいるようです。

株式投資に限ってお話を進めますが、例えば10万円と投資をする金額を決めておいて、現役中に株式投資を実行してみて、やはり自分には向かないことがわかれば、今後、株式投資のことは考えなくてもよくなるでしょう。

自分の性格にあった資産運用を

ここまで読まれて、すでにお気づきの方もいるでしょう。

元本保証以外の金融商品を運用するかしないか。慎重な性格の方は「やらない」とはよく言われていることです。

資産運用で大切なことは、投資する資金をいくらまでにするのか、その許容範囲を決めたら、たとえ損失が出ても、決めた以上に資金をつぎ込むことなく、損失を確定できるか否か。

ここが性格によって違ってくるところです。

あなたは、がむしゃらに進んでしまうタイプでしょうか。慎重にまわりの状況を見て進むタイプでしょうか。この性格の違いによって、資産運用の成果の違いが生まれるのです。

あなたは、冷静に物事が判断できますか?性格によって、資産運用の許容範囲が変わります。

【関連】「彼氏にしたい職業」上位はぜんぶ地雷、玉の輿に乗りたいなら○○な男を選べ=午堂登紀雄

【関連】デリヘルの主力は30代シンママ。「誰もが羨む美人OL」が風俗に墜ちる日本の地獄=鈴木傾城

【関連】日本人の8割が加入する生命保険はムダだらけ。対策すべきは不慮の事故より長生きリスク=俣野成敏

image by:metamorworks / Shutterstock.com
1 2

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ』(2021年7月7日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ

[無料 週刊]
ご自身の描いた老後の生活を実現するために、 40代から、退職・完全リタイアをするまでに、 やっておくべきことがあります。 そんなことはわかっているよ!! でも、行動に移せないんだよね…… 実は、何から始めようか迷っているんだよ!? そもそも、何をしたらいいのかわからないんだよね??? そんな方のために、同年代の私、 「人生の添乗員(R)」が、 ファイナンシャルプランナーとして13年の実績と、 自身の人生経験から、 40代から、退職・完全にリタイアをするまでにすべき、 「貯蓄」と「節約」について、 毎週、1テーマずつお伝えします

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー