fbpx

米国株バブルは次のステージへ。パウエルFRB議長「インフレは一時的」に5つの根拠、日本も一役=高梨彰

先進国全体の低インフレが続く限り、米株指数最高値挑戦の旅も続く

パウエル議長の原稿も示すように、今後もインフレ動向が世界の中銀にとっても金融市場にとってもカギです。

換言すれば、ユーロ圏や日本等の物価が上がらなければ、アメリカの物価上昇も一時的、金融緩和傾向継続から、年末には米株は再び最高値挑戦の舞台となる、とも。

Fedによる資産買い入れの規模縮小が年内に開始する、ともパウエル議長は述べました。これもインフレ率上昇を抑える要因、かつ、おカネの蛇口は開き方が細くなるだけ。引き締めが始まる訳ではありません。

依然としてバブル的な相場に賭けた方が目先の勝率は高そう。先進各国の低インフレ環境が最後の砦として、十年単位の強固さを誇り続けます。

今回のまとめ

・パウエル議長のジャクソンホール会議講演、物価への言及は雇用の5倍
・インフレ率上昇は一時的との根拠を5つ掲げて解説
・先進国全体の低インフレが続く限り、バブル的相場、米株指数最高値挑戦の旅も続く

【関連】小池百合子首相の誕生に現実味。五輪で風向き変化、秋の総選挙までに予想される3つの政局=澤田聖陽

【関連】五輪後に来る感染ピークと経済失速に備えよ。ワクチン接種率から見る日本の景気シナリオ=斎藤満

【関連】副業を年商20億円企業に成長させた元・土木作業員の社長に聞く「失敗しない」副業の始め方=俣野成敏

image by:Federalreserve at Wikimedia Commons [Public Domain], via Wikimedia Commons
1 2

徒然なる古今東西』(2021年8月30日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

徒然なる古今東西

[無料 ほぼ 平日刊]
まぐまぐ大賞に毎年ランクインしている『しん・古今東西』著者が無料版メルマガを刊行。 より気軽に金融市場や世界経済を感じて貰うと同時に、著者周辺の四方山話も楽しんでください。 人生の選択肢を拡げるメールマガジンです。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー