fbpx

佐藤ショック? 増税延期ショック? 日経393円大幅続落/外国人3週ぶり売越し(6/2)

本日の東京マーケットは日経平均株価が大幅安、393円(2.32%)安の1万6562円で取引終了です。東証が発表した5月第4週(23~27日)の投資家別株式売買動向によると、外国人は3週ぶりに売り越しで売越額は705億円となっています。(『ハロー!株式』)

【関連】ジョジョの奇妙な黒田バズーカ~イカサマは2018年にバレるんだぜ…=東条雅彦

佐藤審議委員「物価目標、無理に達成する必要ない」緩和期待遠のく

今日の相場

◎日経平均:16562.55(-393.18)-2.32%
◎TOPIX:1331.81(-30.26)-2.22%
◎売買高概算:20億7508万株
◎売買代金概算:2兆0930億円
◎時価総額:495兆1304億円
◎値上り銘柄数:139   ◎(年初来)新高値:34
◎値下り銘柄数:1773   ◎(年初来)新安値:46
◎変わらず:44
◎騰落レシオ(25日):91.26%(前日比9.06%低下)
◎サイコロ(日経平均):7勝5敗 ●○○●●○○○○○●● 58.3%
◎カイリ率(日経平均):25日線比 -0.92% 75日線比 -0.08%
◎為替
対ドル:109.10(前日比0.95円高)
対ユーロ:122.19(前日比0.54円高)

◎出来高上位
1. みずほ<8411> 167.9円(-5.0円) 14665万株
2. 三菱UFJ<8306> 527.2円(-17.5円) 7528万株
3. 神戸製鋼<5406> 97円(-2円) 6181万株
4. 東芝<6502> 276.4円(±0円) 4584万株
5. ユニチカ<3103> 63円(-1円) 3083万株

◎売買代金上位
1. 日経レバE<1570> 11050円(-540円) 2216億円
2. トヨタ自<7203> 5669円(-86円) 635億円
3. 三菱UFJ<8306> 527.2円(-17.5円) 399億円
4. ソフトBK<9984> 6041円(-211円) 387億円
5. 日経Wイン<1357> 3015円(+126円) 299億円

相場概況

外国証券の寄付前の注文状況……売990万株 買い850万株

本日の東京マーケットは日経平均株価が大幅安、393円(2.32%)安の1万6562円で取引終了です。

日経平均株価 15分足(SBI証券提供)

日経平均株価 15分足(SBI証券提供)

昨晩のNYダウは25ドル安となり、円相場も1ドル=109.50円前後の円高に進んだことを嫌気して朝方から売りが先行。安倍首相の消費増税延期の正式表明を受けた材料出尽くし感に加え、日銀の佐藤健裕審議委員が2%の物価目標について無理に達成する必要はないと発言したことで日銀の追加緩和策への期待が後退したことも重石となり、引けにかけて下げ幅を広げています。売買代金は2兆930億円、上海総合指数は11ポイント(0.4%)高の2925です。

本日、東証が発表した5月第4週(23~27日)の投資家別株式売買動向は、外国人は3週ぶりに売り越しで売越額は705億円、個人投資家は3週連続の売り越しで売越額は1103億円、年金基金の動向を反映する信託銀行は4週連続の買い越しで買越額は157億円となっています。

業種別では、水産が唯一高く、食品がしっかり。保険、銀行、証券、鉄鋼、海運、機械、自動車などの下げが目立ちます。

個別銘柄では、相場全般安の中にあって水産株が唯一上昇。マルハニチロが131円高の2659円となって上場来の高値を更新。日本水産も7円高の619円となっています。円相場が一時1ドル=108.90円前後まで円高が進んでおり、為替相場の影響を受けにくい銘柄として物色の矛先が向かっています。

本日上場したタカラレーベン・インフラ投資法人は12万3900円。初値は10万9900円となっており、公開価格10万円を上回る順調なスタートとなっています。同銘柄は東証が15年に開設したインフラファンド市場の上場第1号です。発電所や空港など社会基盤(インフラ)を組み込むファンドが上場する専用市場であり、タカラインフラは主に再生可能エネルギー発電設備の設置や保守運用に必要な不動産などに投資します。

ヤフーが15円高の514円と値を上げています。ソフトバンクが昨日に中国電子商取引大手アリババの一部株式を約79億ドル(約8770億円)で売却すると発表しており、その背景に米ヤフーが保有する日本ヤフー株を買収する目的ではないかとの思惑から買いが入っています。

その他、独立系SIの日本システムウエアが71円高の1180円、エンジン計測器で世界市場の8割を占有する堀場製作所が255円高の5000円、半導体・液晶工場向けの特殊ガス供給装置と特殊ガス販売のジャパンマテリアルが175円高の3415円、製造承認申請中の肝性脳症治療剤「リファキシミン」への期待感からあすか製薬が61円高の1727円、通所介護を手掛けるツクイが52円高の1535円と値を上げています。

本日の新高値銘柄は、マルハニチロ、松井建、ぐるなび、永谷園、富士紡、薬王堂、富士通ゼネ、堀場製作、関西スーパー…等々です。

Next: 本日の経済指標:消費者心理、対内証券売買契約等の状況ほか

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい