fbpx

オバマを恫喝する9.11“真犯人”サウジアラビアの「米国債売り」という切り札

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件(9.11テロ)へのサウジアラビアの関与と、それを糾弾すべきアメリカ側の「弱腰」を明瞭に示す出来事が起きています。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

サウジアラビアをコントロールする能力を喪失したアメリカ

9.11テロにサウジ政府・王族関与の疑い

始まりは、9.11テロ事件にサウジアラビア政府と王族が関与しているとの疑いに基づき、米国法廷で裁判を実施せよという「9.11テロリズム訴訟法案」が、2016年1月に米国上院司法委員会を通過したこと。

ここで重要なのは、この法案が共和党と民主党の合同提出法案だったことです。

【関連】ルービニ教授が警告する日本財政破綻の条件~絶対に売ってはいけない米国債24時!?

(ア)は「9.11テロリズム訴訟法案」の表紙です。次期大統領候補だったクルーズ、ルビノ両上院議員も共同提案者に名を連ねています。

160528kan-a

この動きに対して、サウジアラビアのAdel al-Jubeir外務大臣はワシントンを訪問し、オバマ大統領に「法案が成立した場合、750B$(7500億ドル)分の米国債を売却する」と脅迫したとの報道がこちらです。
Saudis warn of economic reprisals if Congress passes 9/11 bill – CNNPolitics.com
Saudi Arabia Warns of Economic Fallout if Congress Passes 9/11 Bill – The New York Times

現在、サウジアラビアの9.11テロ関与についての情報は、米議会の公式見解である「9.11テロ調査報告書(現在公表版は585頁)」から28頁分が削除されており、未公表となっています(この28頁分をサウジアラビアが米国政府に要求したとの報道も流れています)。

また、9.11実行犯ではないものの、実行犯と一緒にアリゾナで飛行操縦訓練を受けていたとされるアルカイダの爆弾製造プロであるサウジアラビア人(Ghassan Al-Sharbi)が、2002年にパキスタンで逮捕され、それ以来、米グアンタナモ基地で拘束されています。

(イ)はグアンタナモ基地で拘束されているGhassan Al-Sharbiの情報(国防総省機密文書)です。さらにFBIは彼の航空免許がサウジアラビア大使館の公式封筒に入っていたことを確認しているとの報道まであるのです。

160528kan-i

米大統領報道官「オバマ大統領はこの法案に署名しない」

(ウ)は4月18日の記者会見の重要部分です。アーネスト米大統領報道官は4月18日、婉曲的な表現ではありますが、「9.11テロリズム訴訟法案」が可決すれば、9.11テロ計画の関係者の家族(サウジ王族)への訴訟ができることになるので、オバマ大統領はこの法案に署名しないだろうと語っています。

160528kan-u

さらに、サウジによる米国債売却に関しては、4月20日にオバマがサウジアラビアを訪問した際の議題になるかについて「私は知らない」と述べています。

このアーネスト米大統領報道官の記者会見、記者たちは突っ込むものの、アーネスト報道官が話をはぐらかすため、自然と長いやりとりになっています。アーネスト報道官は、「この法案が可決した場合、合意署名をするか?」との質問に対し、「オバマ大統領は現在の法案内容では署名しないと思う」と回答しています。

また、「サウジアラビアが保有している米国資産を売却すると脅迫しているが、オバマ大統領はこの件でサウジアラビアと協議するのか?」という記者の質問に対しては、「この問題が議題に上るかどうかは分からない。国際金融システムの安定に対してサウジアラビアも同じ立場にあり、それを十分に認識していると私は確信している」と答えています。

つまり、アーネスト報道官はサウジによる脅迫の事実を否定はしていません。彼は、サウジアラビアも愚かではないから、そのような米国債の大量売却をすれば自分たちの首を絞めることになる、よってそのような愚行を冒すはずはない、とだけ回答したのです。

Next: 凋落した米国の立場が明瞭に。オバマ大統領サウジ訪問の裏側

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい