fbpx

裸一貫からでもお金持ちになれる! バリュー株投資「王道の方程式」=栫井駿介

投資顧問の仕事をしていてよく聞かれるのが「投資はいくらから始められるのか」「元手はいくら必要か」ということです。これに対する明確な答えはありませんが、生涯を通じて資産を築くという観点では答えを出すことができます。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

いまの元手は関係なし! 生涯を通して大きな資産を築く考え方

投資はいくらからでも始められる

まず「投資はいくらから始められるのか」という質問にお答えしましょう。結論から言うと、いくらからでも大丈夫です。1,000円と言われるとさすがに厳しいですが、10万円程度からでも十分始めることができます。

【関連】株式投資と心理学の密接な関係~ノーベル経済学者が説く2つの心理状態とは=栫井駿介

10万円では多くの銘柄が最低投資単位に届きませんが、単元未満から投資できる「ミニ株」などの制度もあり、十分スタートラインに立つことができます(「ミニ株」については各証券会社のホームページ等を参照してください)。

ただし、元手10万円だけで1億円を目指すことは現実的ではありません。「30万円から初めて1億円を達成しました!」などの投資家のインタビューを散見しますが、彼らは30万円だけを元手として1億円に到達したのではなく、必ず追加出資を行っているのです。

つまり、鍵となるのは追加出資のための資金を確保することなのです。

時間のメリットを有効に使う

最初からそれだけの資金があれば良いですが、多くのに人はそんな資金はないと思います。ここで利用すべきなのは、時間のメリットです。

多寡はともかく、みなさんの家計に収入はあるでしょう。追加出資は収入から生まれます。収入から費用を引いた残りの金額から毎月追加出資金を捻出するのです。

普通の人が資産を増やすには、「資産=(収入-支出)×投資」の方程式を最大化することが必要です。毎月の追加出資は、時間を味方にできる長期投資家の王道と言えるでしょう。

つばめ投資顧問では、長期的な資産形成のために収入の20%を投資に充てることを推奨しています。
「年収1,000万円ビンボー」急増中!高所得者がハマりやすい3つの罠=栫井駿介

Next: バリュー株投資で強靭なポートフォリオを形成するには?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい