fbpx

苦境のユニクロは「買い」なのか? バフェット流12の視点で分析する=八木翼

ファーストリテイリングが大幅に売られていますね。個人的には以前から注目していて、この企業の底堅さを知っています。今回最も減益に影響を与えた項目は何でしょうか?それは為替です。(『バフェットの眼(有料版)』八木翼)

会社名:ファーストリテイリング<9983>
現在株価:26,815円

【関連】LINEの強みと儲けのしくみ 上場控え、立ち入り検査の影響は=栫井駿介

失速中のファーストリテイリングを「バフェット視点」で徹底分析

Q1:その企業は消費者独占力を持っているか

消費者独占力を持っています。アパレル業界での売り上げは、1位です。また、低価格高回転の商法で、利益率自体は高くありませんが、安定して稼ぎ続けています。

Q2:その企業を理解しているか

理解していない人が少ないでしょう。中国での製造から、世界中での販売までを手掛けている会社です。私自身ユニクロに行く機会はかなり多いです。

また、あまり知られていませんが、ユニクロの服をデザインしている方は、かなり有名な一流デザイナーです。そのためセンスも良く着やすい服となっています。私もユニクロの服は頻繁に利用します。

Q3:その企業の製品・サービスは20年後も陳腐化していないか

この質問は、2つに分けけることができます。

一つは、20年後も人間は洋服を着ているかどうかです。このことについては、心配はいらないと思います。過去の実績を見れば一目瞭然ですが、たぶん20年後も服着てます。

さて、もう一つの問題が、ユニクロがこの業界で生き残っているかです。ユニクロの特徴は、デザインから販売まで自社で行っていることです。この点は、中国で仕入れをするシマムラとは違っています。これに関しては、どちらがいいということもないでしょう。

また、ユニクロもシマムラ同様、徹底した在庫管理を得意としています。ここら辺は、他企業と比べてかなりの強みとなりそうです。

また、シマムラと違うのが、ブランド力です。現在の日本でユニクロのイメージというのは、安くてシンプルでかっこいいということです。

これだけのブランドイメージがありますので、今後このイメージを棄損することがなければ、うまくやっていけると思います。

Q4:その企業はコングロマリットか

服の販売がメインの事業で、コングロマリットではない。

Next: Q5:その企業の1株当たり利益(EPS)は安定成長しているか

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい