fbpx

参院選、アベノミクス究極の選択。進むも地獄、退くも地獄の「道半ば」=近藤駿介

参院選は全国民にとって「究極の選択」

経済が壊れていることに気付かない安倍政権の暴走は止めなければいけないが、どこに原因があるかすら指摘できない能力の低い野党に舵取りを任せるのも危険極まりない行為といえる。

10日の参議院選挙は、初めて投票権を持つ10代の若者だけでなく、全ての国民にとって究極の選択だといえる。

ただ一つ言えることは、どちらが勝っても日本経済がすぐに立ち直ることはないということだ。壊れたものをなかったことにすることはできないからだ。

危機的状況とは、「すべてなかったことにしよう」と言えない時である。(マーフィーの法則~ファーガソンの教訓)

アベノミクスという誤った政策によって、日本経済は危機的状況になってきているという覚悟が必要な時期にきている。

【関連】アベノミクス失敗の原因を「リーマン級危機」に責任転嫁した安倍総理=近藤駿介

【関連】アベノミクスはなぜ失敗したか? 戦争より先に国民が死にゆく日本=矢口新

【関連】参院選後の憲法9条をめぐる「どつき合い」が日本国民を分断する=三橋貴明

1 2

近藤駿介~金融市場を通して見える世界』(2016年7月9日号)より
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

近藤駿介~金融市場を通して見える世界

[無料 ほぼ 平日刊]
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動してきた近藤駿介の、教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるマガジン。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー