fbpx

【展望】日経平均予想レンジは18800~19300円、連休谷間で買われにくい(4/30)=清水洋介

今週の日経平均株価は2営業日のみ、連休の谷間ということで大きな変化はなさそうです。どちらかというと手仕舞い売りに押される可能性が高いでしょう。(清水洋介の株式相場展望 -週報-

今週の株価・為替展望~各市場テクニカル分析と予想レンジ(4/30)

相場見通し

米国市場

先週の米国市場は個別の企業業績に反応する格好で方向感に乏しい展開になりました。大型減税策が示されたことや好調な決算発表などからいったん買われたものの、芳しくない決算なども見られ、減税策も特に目新しいものが見られないということもあって上値も重かったという感じでした。

今週の米国市場は主要な経済指標の発表も多く、経済指標の発表に素直な反応となってきそうです。好調な景況感が示され、雇用指標も改善して来れば、今度は6月に利上げがあるのではないかとの見方が出てきそうです。

特に、雇用指標が芳しくないと利上げペースの鈍化などが嫌気されて調整となる可能性もありそうです。FOMC(公開市場委員会)も開催されますが、特に影響は見られないと思います。FRB(連邦準備制度理事会)の利上げに対する態度が変わらないことが示されれば、金利上昇となることも考えられます。

今週は月曜日に個人消費支出・個人所得やISM(米サプライマネジメント協会)製造業景気指数、建設支出の発表があり、水曜日には新車販売台数やADP全米雇用リポート、ISM非製造業景況感指数が発表になります。木曜日にはFOMC(公開市場委員会)があり、貿易収支や労働生産性、新規失業保険申請件数、製造業受注の発表があります。週末金曜日には雇用統計が発表され、土曜日早朝に消費者信用残高が発表になります。

日本市場

先週の日本市場は週初から買い戻しを中心に買いが先行、大きな上昇となりました。それでも日銀の金融政策決定会合の結果発表からは買い戻しも一巡となった感じで、今度は逆にゴールデンウィーク前の手仕舞い売りなどもあって上値の重い展開になりました。

週後半は積極的な売り買いが手控えられ、下がれば買われ、上がれば売られるというような持高調整の売り買いが中心となった感じでした。

今週は2日だけの営業日、連休の谷間ということで大きな変化はなさそうです。単純に目先的な持高調整に振らされるということになりそうです。手仕舞いの売り買いが中心となると、先週末の決算発表への反応も素直な反応というよりは好決算でも材料出尽くしとなってしまうものなども多くなりそうです。

地政学リスク仏大統領選挙への不安などを取りざたする向きもあり、少なくとも積極的にポジションを膨らませるということはなそうで、どちらかというと手仕舞い売りに押されると思います。

今週はゴールデンウィーク入りということで、月曜日に軽自動車新車販売台数や新車販売台数、火曜日にマネタリーベースが発表される以外は特に発表されるものなどはなく、株式市場なども休場となります。

Next: 米国市場テクニカル分析~週初に下放れればアイランドリバーサルで調整も

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい