fbpx

「叱られ上手」の松下幸之助は、なぜ褒めてくれる人を警戒したのか?=梅本泰則

経営のカリスマとして名を残す松下幸之助さんの名言に、「叱ってくれる人、注意してくれる人を大切にせよ」という言葉があるそうです。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では、著者で現役コンサルタントの梅本泰則さんが、自身が関わってきた親子経営や兄弟経営企業の例をあげながら、「叱ってくれる人が必要な理由」をわかりやすく解説しています。

「叱ってくれる存在のいない経営者」が危うい、これだけの理由

松下幸之助翁の教え

パナソニック創業者、松下幸之助さんの言葉に、こんなのがあります。

ほめられるのは嬉しいことだが、ときとして油断が生じる。だから、逆に叱ってくれる人、注意してくれる人を求め大事にしなさい。

何とも良い言葉ですね。今、あなたの周りには、叱ってくれる人、注意をしてくれる人がいるでしょうか?

ちまたでは、多くのお店で世代交代が起こっています。後継者にとって、親は叱ってくれたり注意をしてくれたりする大事な存在です。そのことは分かっていても、父親と息子さんがしょっちゅうケンカをしているお店があります。意見の衝突というやつです。

【関連】「本当は2人とも正しい」大塚家具お家騒動、父娘を引き裂いた真犯人とは=児島康孝

きっと父親は、お店の将来を思って、息子さんのやり方を叱るのでしょう。しかし、息子さんには息子さんの考えがあります。親子ですから遠慮がありません。「あなたの考え方は、今の時代に通用しない!」とかなんとか、反発します。

その場面を見ている方はハラハラしますが、大丈夫です。しばらくすると、お互いは何もなかったようにケロッとしていますこれが親子というものですね。やはり、お互いが信頼をしているのでしょう。息子さんは、心のどこかで自分を叱ってくれる存在をありがたいと思っています。

その一方で、こんなお店がありました。

Next: 「親子経営」は大丈夫でも「兄弟経営」は意外とキケンなワケ

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい