fbpx

そこまで考えていたのか!最高の休暇を過ごす富裕層、3つのこだわり=渋谷豊

時間の使い方が上手な富裕層は、連休をどのように過ごしているのでしょうか?休み明けもパフォーマンスを落とさず、充実した休暇を過ごすための3つのポイントを紹介します。(『STAGE~人生の舞台で輝くためのライフスタイルマガジン~』渋谷豊)

プロフィール:渋谷豊(しぶや ゆたか)
ファイナンシャルアカデミーグループ総合研究所(FAG総研)代表、ファイナンシャルアカデミー取締役。シティバンク、ソシエテ・ジェネラルのプライベートバンク部門で約13年に渡り富裕層向けサービスを経験し、独立系の資産運用会社で約2年間、資産運用業務に携わる。現在は、ファイナンシャルアカデミーで取締役を務める傍ら、富裕層向けサービスと海外勤務の経験などを活かし、グルーバル経済に関する分析・情報の発信や様々なコンサルティング・アドバイスを行っている。慶応義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。
ファイナンシャルアカデミー:http://www.f-academy.jp/

富裕層がGWを200%楽しむために守っている「3つのこだわり」

休日と休暇の違いは?

時間の使い方が上手な富裕層は、連休をどのように過ごしているのでしょうか?休み明けもパフォーマンスを落とさず、充実した休暇を過ごすための3つのポイントを紹介します。

ところで、ゴールデン・ウィークは、「連続休暇」と「連続休日」のどちらの表現が正しいか気になりませんか? なぜ、この質問をするかというと、世間的に休日と休暇の違いがあまり認識されていないからです。

急に固い話になってしまいますが、労働基準法によると、休日は「労働義務のない日」休暇は「労働義務のある日に労働が免除される日」だそうです。

今回、カレンダーの通りに休む人は「連続休日」、有給休暇をプラスする人は「連続休暇」になりますね。

さぁ、疑問も解決した所で、富裕層が心がけている「3つのこだわり」の解説に進みたいと思います。

こだわり1:場所ではなく気候で決める

みなさんは、休暇の計画はどのように立てますか? 多くの人は、「行きたい場所」「好きな国」などを真っ先に考えて計画を立てているのではないでしょうか。行きたい所に行く。これほど楽しいことはありません。

でも、富裕層は、場所よりも優先することがあります。それは「気候」です。なぜでしょうか? それは、みなさんと少しだけ大事にしていることが違うからです。

富裕層にとって休暇の一番の目的は、「体と心を休める貴重な時間」なのです。だからこそ、その人にとって望ましい気候のもとでゆっくりと好きな時間を過ごす。至福のひとときを目指して移動します。だからかもしれませんが、富裕層は意外にも、GWを国内で過ごす人が多いようです。日本は、この最高の時期を逃すとすぐに雨季に突入します。年に数ヵ月しかない最高の時期は、国内を満喫する。そんな感じでしょうか。芋を洗うような人混み、チェックインカウンターにたどり着くまでの大蛇のような列に並んでいては、身体も心も休まりません。

Next: お金持ちはなぜ寝だめをしないのか?なぜ常にお店を予約するのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい