fbpx

シラー博士「買われすぎの米国株に一段高の可能性」その真意とは?=藤井まり子

前触れになるのは何か?

今のトランプ政権は、「超大型の株式バブルをつくろう」としているとしか思えないです。

さらに、今のトランプ政権は、「これからつくる超大型の(ITバブル並みの巨大な)バブルが崩壊した後」のことも、考えているような気がしてならないです。

トランプ政権は、超巨大バブル崩壊後は、中東か朝鮮半島で戦争を起こそうと今から準備を整えているのではないか?と、とても心配しています。

戦争は即効性のある不況対策ですから。インフラ投資を渋る共和党の保守強硬派も、戦争は大好きですから…。ブッシュジュニアもブッシュパパも、バブルが弾けた後、イラク戦争を始めましたから…。シェール革命のおかげで、アメリカが近いうちに原油輸出国になって中東依存度が低下しますから…。

今度は、東アジアではないでしょうか。

振り返ると、第一次世界大戦「前」も、ヨーロッパの人々は、誰も「第一次世界大戦のような大戦争が巻き起きる」とは、思いもよらなかったと言います。最初は、セルビアという東欧の小国とオーストリアという大国との間の「小競り合い」から始まったのです。

この「小競り合い」に、様々な大国の同盟関係が複雑に絡んで、あれよあれよという間に、大戦争へと発展していってしまったのです。

まさしく当時もGゼロ時代、覇権がイギリスから新興国家のドイツへ移動しようとしていた途中で、まさに覇権国なき不安定な時代。その時に、大戦争が起きてしまったのです。

というわけで、これから超大型バブルが巻き起きるかもしれないと思うと、ワクワクドキドキするけれども、その巨大バブルが崩壊した後、「朝鮮戦争リスク」が待ち構えているかもしれないと思うと、暗澹たる気持ちになります。

朝鮮有事の2つのサイン

かくして、朝鮮半島の地政学リスクが高まっているといっても、いますぐ朝鮮半島でドンパチが始まるわけではないのです。今は、時折緊張が高まるかもしれませんが、戦争までには発展しないでしょう。

ただし、近い将来、アメリカ経済が不況に陥ってしまったら、朝鮮半島で戦争が本当に始まる可能性があります。

その「朝鮮戦争勃発」のサインは次の2点です。よくよく留意しておきましょう。

(1)北朝鮮沖の日本海に、アメリカの空母打撃群が3~4隻くらい集合する
今は空母が「カールビンソン」一隻だけなので、それほど危機は高まっていません。

(2)韓国在住のアメリカ軍の家族が韓国から一斉に引き揚げ始める
聞くところによりますと今は、韓国在住のアメリカ人に対して、アメリカ大使館が「戦争が始まりそうなときの退避訓練(1回目:6月実施予定)」の参加を任意で呼び掛けている段階で、まだそれほどの切迫感はないです。

将来、朝鮮半島沖にアメリカの空母打撃群が3隻以上集合して、在韓のアメリカ軍の家族が韓国から引き揚げ始めたら、本当に危ないです。まだまだ先のことかもしれませんが、ここらあたりの「戦争サイン」は、ちゃんとチェックしておきましょう。
続きはご購読ください

『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』好評配信中

メルマガ購読開始で今すぐ読める!2017年5月2日号 目次

1. 超大型バブルの予感
~それでも、リスクは高まっている!!!~
(ロバート・シラー博士は再びかく語りき)

2. 朝鮮有事の二つのサイン
~前触れになるのは何か?~

3. 将来、有事が始まりそうになったならば


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2017年5月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】「戦争と株価」3つの法則~第一次・第二次大戦からテロとの戦いまで=東条雅彦

【関連】米国の北朝鮮攻撃は期待薄?トランプのシナリオに翻弄される日本=近藤駿介

【関連】日本人の大半が選ぶ「株式を保有しない人生」は糞ハードモードだ=鈴木傾城

1 2 3

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2017年5月2日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい