fbpx

日銀の新政策「長期金利ターゲット」の具体的な範囲とは?=久保田博幸

かなりの幅を持った「長期金利の誘導目標」具体的な範囲は?

日銀は長期金利は目標に据えたものの、完全にコントロールできるものではないともしており、これはつまり、今回の長期金利の誘導目標のゼロ%というのはかなりの幅を持ったものといえる。それがどの程度の幅であるのかははっきり示されてはいないが、すでに長期金利がマイナス0.1%近くに低下している以上、この水準はまだ許容圏内という認識になろうか。

市場ではその範囲をマイナス0.1%からプラス0.1%あたりとみているようだが、いずれにしてもあまり具体的な誘導目標は日銀も持ってはいないのではなかろうか。足元の金利は短期金利なので日銀の操作範疇となり、長期金利については超長期債の利回りの居所次第の面もあると思われる。

つまり、短期金利と超長期債の利回りがある程度のターゲットになり、そのカーブを結ぶ途中の長期金利の居所が決まるような形となるのではなかろうか。その意味では30日に発表される「当面の長期国債買入れの運営について」での超長期債の買入の動向が焦点になってくるものと予想される。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日銀の新緩和策が「矛盾とデタラメ」に満ちてしまった本当の理由=近藤駿介

【関連】株も不動産も奪われる! 預金封鎖よりも怖い「財産税」の傾向と対策=東条雅彦

1 2

牛さん熊さんの本日の債券』2016年9月28日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー