fbpx

「金満国家」カタールはなぜサウジから三下り半を突きつけられたのか?=浜田和幸

カタールの混乱は日本に「エネルギー危機」をもたらすか?

いずれにせよ、食糧の全てを輸入に頼るカタールでは、サウジとの国境線を遮断されたため、食糧の陸路輸入がストップし、混乱状態に陥り始めている。

湾岸地域最大の米軍基地を提供しているカタールがアメリカと対立することになれば、1991年の湾岸戦争以来の最大の危機に発展しかねない。

わが国にとって天然ガスの最大の供給国であるカタール。今後の展開次第では、日本にもエネルギー危機として火の粉が飛んでくる恐れもある。
続きはご購読ください<残約1100文字>

<購読開始ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

・なぜカタールはサウジアラビアから三下り半を突き付けられたのか?(6/9)
・グーグルの未来戦略は“生命の永遠化”!(6/9)
・“アルカイダの王子”ビン・ラディンの息子によるテロの命令(6/6)
・プロボクサーによる日中決戦は日本の圧勝(6/6)

<こちらも必読! 月単位で購入できる人気バックナンバー>

・マンチェスターのテロ事件で大勢の命を救ったホームレス(5/26)
・悪化する一方の福島原発事故の影響(5/26)
・長生きするにはSNSが欠かせない!?(5/19)
・「一帯一路」国際サミットの裏側でくすぶる不安の芽(5/19)
・なぜ北朝鮮は制裁を受けても経済成長を続けているのか(5/12)
・ロシアの介入を吹き飛ばし当選したフランスの新大統領(5/12)
・第3次世界大戦が5月に始まる!?(4/28)
・フランスで生まれるか、史上最年少の大統領?夫人は25歳年上!(4/28)
・ベトナムで広がるアボガド栽培ブーム!(4/21)
・中国人の訪日観光客は560万人。ロシア人は2万6000人。この違いはなぜ?(4/21)
・次なる競争:ロボット化する人間、それとも人間化するロボット、どちらが早いか?(4/14)
・アメリカによるシリア攻撃は大失敗ではないのか?(4/14)
・中国一恐ろしい特番に反撃した無印良品に喝采の声(4/7)
・世界を虜にするか?セックス・ロボットの台頭を巡る賛否両論(4/7)

※5月以前に配信された記事を読むには、6月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、ご希望の配信月分バックナンバーをお求めください。

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2017年6月9日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】国内メディアが伝えない「福島原発事故」と「北朝鮮経済」のウラ=浜田和幸

【関連】金正男暗殺で大儲け!? 米国とはやっぱり違う中国人のやばいビジネス=浜田和幸

【関連】【メリマンアストロジー】トランプが中東戦争を仕掛ける危険日はいつか?=葛城北斗

1 2

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』(2017年6月9日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』

[月額550円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
かつて人気を博したニッポン放送オールナイトニッポンの「世界びっくりニュース」を彷彿とさせるべく、フランクな語り口で、知られざる内外の『ぶっちゃけ話』をお届け致します。例えば…① 「爆買い」中国人観光客を上回る金額を日本で消費している国がある!?② 「発明王エジソン」の遺言を頼りに、無料の無限エネルギー開発に成功した企業がある!?③ 「不動産王」にしてアメリカ大統領候補トランプ氏に、北方領土問題解決の秘策あり!?…その他耳よりの情報が満載!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー