fbpx

アベ友記者レイプ嫌疑を忖度した中村格元刑事部長に「新疑惑」が浮上=山岡俊介

山口敬之氏のレイプ嫌疑を握り潰した疑惑が出ている中村格・警察庁刑事局組織犯罪対策部長。ここに来て、永田町筋から具体的な別の疑惑事例が浮上している。(『アクセスジャーナル・メルマガ版』山岡俊介)

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2017年6月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山岡俊介(やまおか しゅんすけ)
1959年生まれ、愛媛県出身。神奈川大学法学部卒。零細編集プロダクションに2年半在籍し、29歳で独立。91年『週刊大衆』の専属記者を務めながら『噂の真相』『財界展望』などを中心に記事執筆。主な著書に『誰も書かなかったアムウェイ』『アムウェイ商法を告発する』(以上、あっぷる出版社)、『銀バエ実録武富士盗聴事件』(創出版)、『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』(双葉社)など。

「安倍の子分」あの警察官僚の中村格氏に新たな揉み消し疑惑が

詩織さん以外にも「被害者」はいる

本紙でも既報のように、TBS元ワシントン支局長でジャーナリスト・山口敬之氏(51)の準強姦嫌疑につき、安倍首相ベッタリ記者だったことから忖度し、同事件を握り潰した疑惑が出ている当時、警視庁刑事部長だった中村格(いたる)・警察庁刑事局組織犯罪対策部長――。

逮捕状が出ていたにもかかわらず山口氏の逮捕が見送られ、嫌疑不十分で不起訴処分になったのは了解できないとして、被害者とされる詩織さん(姓は明らかにせず。28)はその後の5月29日、検察審査会に審査を申し立てたのは大手マスコミ既報の通り。

前出・新潮記事で取材を受けた中村氏当人は忖度を否定。逮捕を中止したのは「捜査の指揮として当然だったと思います」などと答えている。

だが、この中村氏の警視庁刑事部長時代につき、警視庁筋ではこんな評価も出ている。

「当時、“イケイケの格”との異名が付いていました。その意味するところは、有力な与党政治家や警察OBが持ち込む案件を、いま風に言えば“忖度”するということで。そのため、今回の詩織さん以外にも“被害者”がいると思います」

永田町筋からの新たな情報

そして実際、ここに来て、永田町筋から具体的な別の疑惑事例が浮上して来ている。

それは、例の朝鮮総連ビルの売却問題を巡る――
続きはご購読ください。初月無料です<残約6000文字>

<購読開始ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

No. 382 2017年6月19日号
1.「セガサミー」会長宅発砲事件で組幹部ら逮捕――なぜ、いまなのか?
2.「SAMURAI&PARTNERS」買収した「Jトラスト」藤澤氏だが、難題が……(3)「粉飾疑惑の内容」
3. 岡田会長、子会社約20億円を不正流出か――「ユニバーサルエンターテインメント」特別調査委員会設置(株価急落)
4. 安倍首相ベッタリ記者の準強姦事件以外にも警視庁刑事部長に捜査圧力疑惑(上場企業の名誉毀損告訴案件受理)
5. FC予備校経営会社民再申請に奔走した!? 「ナガセ」永瀬社長の疑惑

No. 381 2017年6月12日号
1.「SAMURAI&PARTNERS」買収した「Jトラスト」藤澤氏だが、難題が……(2)
2. 新橋地上げ絡み変死事件最新事情――死因は餓死!? 訴訟提起も
3.「今週の相場展望(6月5日~6月9日)&MY注目銘柄」
4. ビットコインバブルにご注意!
5. 母・洋子氏の影も――アッキーが“後援会長”務める社会福祉法人に国有地払い下げ(3)

No. 380 2017年6月5日号
1.「ポスト加計疑惑」――同じ構造の「国際医療福祉大学」医学部新設認可
2. 今週の相場展望(5月29日~6月2日)&MY注目銘柄
3.<主張>「加計疑惑」告発の前川前次官在職時に「出会い系バー」で注意――菅官房長官が名前を上げた杉田副長官
4.「日東エフシー」の株詐取(?)、事件化の様相
5. 母・洋子氏の影も――アッキーが“後援会長”務める社会福祉法人に国有地払い下げ(2)

<こちらも注目!月単位で購入できるバックナンバー>

No. 379 2017年5月29日号
1. 福岡3億8400万円強盗致傷事件、被害届が出ない(!?)理由
2. 今週の相場展望(5月22日~5月26日)&MY注目銘柄
3. ネット証券負け組の打開策
4. 類は友を呼ぶか――「郷鉄工所」新取締役候補のトンデモ行為
5.本紙・山岡に対する「週刊報道サイト」誹謗中傷記事は田邊弁護士の依頼だった(3)佐藤発行人の面会を田邊後輩弁護士が“妨害”

No. 378 2017年5月22日号
1. 小池都知事の知恵袋は? 4・18小池・小泉と安倍遭遇事件の意味するもの
2. 本紙・山岡に対する「週刊報道サイト」誹謗中傷記事は田邊弁護士の依頼だった(2)対みずほ銀「訴状」でも山岡を誹謗
3. 今週の相場展望(5月15日~5月19日)&MY注目銘柄
4. 「ソルガム」17年3月期売上げIR巡る不可解
5.再起の元地上げ屋・原田秀雄氏――自宅に注目会社が抵当権

No. 377 2017年5月15日号
1. 「ストリーム」相場操縦グループが新たな仕掛けか
2. 今週の相場展望(5月8日~5月12日)&MY注目銘柄
3. 本紙・山岡に対する一連の誹謗中傷記事は、田邊勝己弁護士の依頼だったと「週刊報道サイト」佐藤昇編集長が証言(1)
4. 逃亡中も新会社設立しまた投資詐欺――『コマンドエヌ』オーナーと仲間たちのなかに警察幹部息子
5. 「ナガセ」FC予備校経営会社倒産でなぜかあの武井一族の名
6.母・洋子氏の影も――アッキーが“後援会長”務める社会福祉法人に国有地払い下げ(1)
7. 松戸銃撃事件――撃たれたのは、稲川会破門「箱屋一家」総長ボディーガード

NO. 376 2017年5月8日号
1. 「国際医療福祉大学」か――「東芝病院」売却巡る水面下の攻防
2. 今週の相場展望(5月1日~5月2日)&MY注目銘柄
3. 「怪文書」で指摘――「神戸山口組」分裂の背景

No. 375 2017年5月1日号
1. 「ストリーム」相場操縦捜査で注目される松浦グループの手口
2. 福岡3億8400万円強奪事件は密輸金塊取引!?
3. あの「ウェッジHD」実質オーナーに約41億円の課徴金納付命令
4. SESCが行政処分を勧告した仕手株情報サイト講師のトンデモ勧誘
5. ご注意! 逃亡中も新会社設立しまた投資詐欺――『コマンドエヌ』オーナーと仲間たち

※各バックナンバーは、まず今月無料のお試し購読手続きを完了後に、月単位でお求めください。


※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2017年6月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した全文もすぐ読めます。

【関連】森友、加計に続く「第3の忖度」国際医療福祉大学疑惑に焦る安倍官邸=山岡俊介

【関連】世論は無視できても…中曽根大勲位と米国を敵に回した安倍官邸の誤算=斎藤満

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2017年6月19日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額880円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい