fbpx

総理のご意向と裏腹に「安倍内閣が目指す日本」を疑いはじめた国民=近藤駿介

安倍内閣は、加計学園疑惑で告発者の前川前文部事務次官を貶めようと必死になり、逆にみずからの信用を貶めた。直近の世論調査で注目されるのは、内閣不支持の理由として「人柄が信頼できないから」が大きく上昇している点だ。(近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。月初の購読は得にお得です。

「人柄が信頼できない」で不支持率急上昇、安倍内閣の驕りと誤算

加計疑惑から逃げまわる官邸

国会会期末が6月18日に迫る中、国会では与野党の攻防が激しさを増してきている。その主役となっているのが「総理のご意向」「官邸最高レベルの話」と記された加計学園に関する文書の存在である。

「文部科学省において検討した結果、出所や入手経緯が明らかにされていない文書については、その存否や内容などの確認の調査を行う必要がないと判断した」

文書の存在が指摘され始めた当初から「怪文書」と断じて歯牙にもかけなかった官邸側は、野党やメディアから文書に関する追及が強まってもこうしたぶれない答弁を繰り返すことで問題を「怪文書の存否」に矮小化し、事態の鎮静化を図ろうとする姿勢を頑なに示してきた。

しかし、文部科学省の複数の現役官僚の中から文書の存在を認める証言が出てきたり、8日に行われた官房長官の定例記者会見で、東京新聞の社会部記者が野党を上回る厳しい追及を見せたりしたことで潮目が変わり、翌9日に文部科学省は前言を翻し文書の追加調査を行う方針を示した。

【関連】世論は無視できても…中曽根大勲位と米国を敵に回した安倍官邸の誤算=斎藤満

「国民の声を重く受け止めて」という大嘘

松野文部科学大臣は、文部科学省が方針転換して追加調査を実施するに至った経緯について、「追加調査を行う必要があるとの国民の声が多く寄せられている」ことを踏まえ、9日の閣議後に安倍晋三首相に「追加調査をしたい」と伝え、首相から徹底した調査を速やかに実施するよう指示を受けたと説明している。

簡潔に言えば、「国民の声」を重く受け止めた文部科学相が総理に追加調査を直訴し、総理の英断で実施することになった、というように見せたということである。

しかし、官邸側は一貫して「追加調査を行わないのは、文部科学省が必要ないという判断をしたからであり、官邸はそれを了としただけだ」という立場をとってきている。さらに、官邸がリーダーシップをとって再調査を指示することはない、という姿勢も見せていた。

つまり、本来ならば、追加調査は官邸にお伺いを立てなくても、文部科学省の判断で行うことはできる状況だったということである。

にもかかわらず、官邸にお伺いを立てる必要のない事案についてわざわざ総理にお伺いを立て、追加調査の実施が「総理のご意向」であるかのような演出をしてしまったために、閣僚、官僚のなかに「総理のご意向」を尊重、忖度する文化が根強く存在することを内外に明らかにする格好になった。これは皮肉なことである。

Next: 「総理のご意向」ではじまった“怪文書”追加調査の致命的な矛盾

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい