fbpx

稲田防相は自衛隊を暴走させたいらしい=佐藤健志

稲田防相の発想は、
『対論「炎上」日本のメカニズム』で私が提起した「炎上政治」の発想そのもの。
都議選で自民党が歴史的・壊滅的惨敗を喫したのも、してみると必然の帰結かも知れません。

炎上においては、煽っている側さえ、燃える勢いや方向をしばしば制御できなくなる。
煽った炎に飲み込まれたあげく、火だるまになる候補が続出したものと思われます。
http://amzn.asia/7iF51Hv(紙版)
http://amzn.asia/cOR5QgA(電子版)

だとしても、自衛隊の行動、および日本の防衛に責任を持つべき人物が、おのれの職務を選挙で取引材料に用いるとは。

だ・か・ら、
右の売国、左の亡国』と言うのですよ!
稲田防相がさんざん連発した「誤解」の真の意味についても、巻末の「政治経済用語辞典」に記しておきました(244ページ)。

https://www.amazon.co.jp/dp/475722463X
または
https://honto.jp/netstore/pd-book_28326014.html(紙版)
https://www.amazon.co.jp/dp/B06WLQ9JPX(電子版)

今回の話がいかにとんでもないか、とことん実感していただくため、
フランス革命が行われているさなかの1790年6月4日、同国の陸軍大臣ド・ラ・トゥール・デュ・パンが、
国民議会で行った報告をご紹介しましょう。
いわく。

軍が独走を始めたら最後、軍内部の多数派が政治の実権を握ってしまう。
表向き誰が国を治めていようと、そんなことは問題ではない。
しかるに軍人支配とは、自分で自分を食い尽くすまで暴れる怪物のごとき代物ではないか。

そうです。
いくら撤回して謝罪しようと、暴走が始まったら終わりなのです。
その顛末は、おそらくこんな感じになることでしょう。

https://twitter.com/BradleyjKornish/status/879573184307224576

なおご存じのとおり、稲田防相は7月6日にも、またまたポカをやらかしました。
九州北部の豪雨で、自衛隊が捜索や救助にあたっているにもかかわらず、「民間人との勉強会」に出るため防衛省を留守にしたのです。
ただしご本人によれば、用意された昼食は食べずに戻ったそうですよ。
http://www.asahi.com/articles/ASK7740XGK77UTFK008.html

ではでは♪

【関連】「海外銀行口座」開設への道(中) 日本人がプロの詐欺師に勝つ方法とは?=俣野成敏

【関連】今村前復興相をめぐる勘違い=佐藤健志

【関連】安倍晋三~日本史上、最も長く国民の消費を減らし続けた総理大臣=三橋貴明

1 2 3

三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年7月12日号より

無料メルマガ好評配信中

三橋貴明の「新」経世済民新聞

[無料 ほぼ日刊]
●テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める日刊メルマガ。三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(経世論研究所 客員研究員)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(ジャーナリスト/元「正論」編集長)などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー