fbpx

与沢翼が広告塔のFXスクールに詐欺疑惑、あの著名人はぎりぎりセーフ?=山岡俊介

3. 某JQ上場企業の株価上昇の動きに不可解さ

某JQ上場企業の株価が、先週末(9月8日)に出来高が急増し、今週明けからさらに上昇の動きを見せている。契機はその前日に、子会社のビットコイン交換業者が登録申請をしたことをIRしたことと思われる。

しかし、冷静に考えて見ればおかしな話だ。本紙でも既報のように、ビットコインを巡っては8月に分裂したが大きな影響はなく、その後も価格は上昇基調で9月2日には55万5277円までなったものの、その後は下がり基調で現在同ピークから約10万円も下がっている。

本紙は、その基本原因は金融庁の介入もあり、投資としての魅力が薄れて来たためと思っている。実際、いくら9月末まで猶予期間があるとはいえ、8月末現在もただの1社も金融庁に登録済み業者がいないのはおかしくないだろうか。

今回、取り上げるJQ上場企業の子会社にしても、繰り返すが、登録申請したとIRしたに過ぎない。決して登録が認められたわけではない。にも拘わらず、申請しただけのことをわざわざIRするのもおかしいし、また、それを契機に株価が動いたと思われるが、それも本来はおかしなことだ。

しかも、このJQ上場企業のIRの不可解な点はそれだけに止まらない――

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

4. カリスマ実業家・松田元氏が元側近に仮差押、貸金返還訴訟をされていた

本紙は今年5月から6月にかけ、若手カリスマ経営者として一部で持てはやされている松田元氏が「SAMURAI&PARTNERS」(4764。JQ。大阪市北区。旧「デジタルデザイン」)の取締役時代、当時、社長だった寺井和彦氏と共謀して粉飾決算をしていたとする疑惑を4回に渡り報じた。

その件を告発したのは松田氏の元側近で、「エービーアイ」(東京都新宿区)という会社の代表取締役をしている矢野健太郎氏だが、その矢野氏が松田氏に約2億5663万円の債権があると申し立て、すでに6月1日に仮差押決定が出たことに基き、6月23日には東京地裁に貸金返還等請求訴訟を提起していることがわかった。

訴状によれば、矢野氏は12年11月から16年9月末まで、松田氏の秘書兼アシスタント業務全般の責任者として、投資家から集めた10億円以上の資金のほぼ全額を、松田氏の指示により被告の事業全般に拠出したという。

今回提訴したのは、そのなかで金銭消費賃貸契約を結ぶなどして裏づけのハッキリしている一部だという。

これだけ見れば、単なる一民亊訴訟に過ぎないかも知れない。しかしながら、松田氏側はこの間、矢野氏側から借金していないどころか、逆に矢野氏が、松田氏が代表を務める「アズグループホールディングス」という会社の銀行口座からあろうことか約5億円を盗んだなどとまで主張。実際、松田氏は本紙に対し、人を介して矢野氏自身がATMでカネを下している逃れられない証拠映像があり、すでに告訴は受理され捜査中とまで断言して来た(矢野氏はデッチ上げと完全否定)。

このように、両者の意見は真っ向から対立していたなか、矢野氏の提訴の事実が判明した。もし、松田氏の言い分通りなら、矢野氏は提訴などするだろうか――

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2017年9月18日, 25日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】アップルの取引先に「元オウム幹部」!? 新製品情報を漏洩、詐欺疑惑も=山岡俊介

【関連】NHKは正気か?クロ現+に「ビットコイン詐欺」疑惑の中心メンバーが出演=山岡俊介

【関連】積水ハウスはなぜ騙されたのか? 西五反田「地面師詐欺事件」の真相=山岡俊介

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

No. 396 2017年9月25日号
1. あのカリスマ実業家・松田元氏が元側近に仮差押、貸金返還訴訟をされていた
2. クーリングオフは行われるか!? 注目されるビットコイン系ハイプ「U-Mind」と「ヴィヴィドライフ」の関係
3. 今週の相場展望(9月19日~9月22日)&MY注目銘柄
4. 露国籍の男、米司法当局に逮捕で――「マウントゴックス事件」、カルプレス元社長は無罪!?
5.「五洋インテックス」仕手戦のその後

No. 395 2017年9月18日号
1. あの与沢翼のFX取引スクールのコラボ企画に詐欺疑惑!?(2)
2. 破産した「ゴルフスタジアム」堀新社長に、B勘定疑惑
3. <主張>北朝鮮問題――制裁強化は戦争リスクを高め、米権力者が得をするだけ
4. 今週の相場展望(9月11日~9月15日)&MY注目銘柄
5. 某JQ上場企業の株価上昇の動きに不可解さ

No. 394 2017年9月11日号
1. 次期iPhone情報を漏らす、アップル社取引先代表の驚くべき正体
2. AKB48創始者は、裏カジノジャンキー
3. 今週の相場展望(9月4日~9月8日)&MY注目銘柄
4.「五洋インテックス」仕掛けたM島氏の次の銘柄
5. 横行する「ぼったくり居酒屋」その闇の経営実態(第4回)

No. 393 2017年9月4日号
1. 横行する「ぼったくり居酒屋」 その闇の経営実態(第3回)
2. 詐欺疑惑メンバー登場で――抗議が寄せられたNHK「クローズアップ現代+」の仮想通貨特集
3. 今週の相場展望(8月28日~9月1日)&MY注目銘柄
4. 昭和からの仕手筋が手掛ける10バーガー候補!?
5. あの与沢翼のFX取引スクールのコラボ企画に詐欺疑惑!?

<こちらも注目!月単位で購入できるバックナンバー>

9月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

No. 392 2017年 8月28日号
1. 横行する「ぼったくり居酒屋」その闇の経営実態(第2回)
2. D9、SENERは氷山の一角――ネット上はビットコイン人気便乗の詐欺疑惑案件(計5件紹介)でバブル状態
3. 今週の相場展望(8月21日~8月25日)&MY注目銘柄
4. 今年は仕手筋大復活!?
5. 数々の不正を指摘――日本最大級産婦人科「堀病院」社員有志から本紙に告発状

No. 391 2017年8月21日号
1. 三郷でも――新橋地上げ(変死事件)に重大事実
2. 横行する「ぼったくり居酒屋」 その闇の経営実態(第1回)
3. 他社の洗剤を水で半分に薄め販売!? 京都の業務用洗剤メーカー
4. 今週の相場展望(8月14日~8月18日)&MY注目銘柄
5.「SESC、「ヤマゲン証券」に行政処分を勧告(続き。疑惑銘柄一覧)

No. 390 2017年8月14日号
1. 「疑惑投資会社がアリバイ作りに複数の上場企業大株主?」――顧問にあの疑惑弁護士
2. 西五反田・地面師詐欺事件――「積水ハウス」はなぜ騙されたのか
3. 今週の相場展望(8月7日~8月10日)&MY注目銘柄
4. SESC、「ヤマゲン証券」に行政処分を勧告
5.「ビットポートフォリオ」詐欺、本当のワルの面々の名前

No. 389 2017年8月7日号
1. 対「週刊報道サイト」訴訟控訴審判決――「組長の陳述書内容は虚偽」と断定
2. 新橋地上げ巡るトラブル。反社の影も――「NTT都市開発」原告、手付金返還等請求訴訟の詳報
3. 今週の相場展望(7月31日~8月4日)&MY注目銘柄
4.「クレアHD」、あの永本壹柱氏の“裏切り”で三つ巴の経営権争いか
5. 証券監視委がようやくネット上不正摘発準備へ

No. 388 2017年7月31日号
1. 本質はネット版マルチ詐欺か――「D9」「SENER」投資システムの黒幕
2.「加盟予備校倒産」は地雷原――学習塾「ナガセ」社長の重大疑惑が次第に明らかに
3. あのドンが黒幕か――兵庫県「貞光病院」休院は病院乗っ取りグループの仕業
4. 今週の相場展望(7月31日~8月4日)&MY注目銘柄
5. 大半は自主廃業か――仮想通貨交換業者、6月末金融庁登録ゼロの真相

No. 387 2017年7月24日号
1. 三重県度会町の政治家関与疑惑太陽光発電事業――関連訴訟控訴審で注目証拠登場
2. 被害者、詐欺で告訴へ――「D9」「SENER」の広告塔を務めた布川敏和、中村雅俊
3. 今週の相場展望(7月18日~7月21日)&MY注目銘柄
4. あの「カーチス」株価操縦(?)一味に新たな動き
5. 某仮想通貨取引業者に自主廃業説

No. 386 2017年7月18日号
1. 北朝鮮のICBM開発で飛び出した上場企業の名前
2. 今週の相場展望(7月10日~7月14日)&MY注目銘柄
3. 鶴保庸介沖縄・北方相にも重大疑惑
4. AKBグループ音楽関係者が詐欺事件など(2)
5. いよいよ浮上した「郷鉄工」巡る松尾隆の重大反社疑惑

No. 385 2017年7月10日号
1.「クレアHD」株主総会結果と松崎元オーナーの死
2. 組織的隠蔽か――未だ処分が出ない自衛隊「中央即応集団」司令部隊員の傷害事件
3. 今週の相場展望(7月3日~7月7日)&MY注目銘柄
4. 経営から追放――「ユニバーサルエンターテイメント」新体制が本気で狙う!? 岡田オーナーの首
5.「アクロディア」の反社会勢力に属する者、風評被害に関するとんでもIR

No. 384 2017年7月3日号
1.「東急不動産HD」、「サンヨーホームズ」株主総会で責任追及?ある大型物件取得巡り
2. あの「ZANNグループ」中村氏が、右翼関係者に2000万円で本紙記事削除依頼――追加1億円で“始末”の提案も
3.「地面師」詐欺事件に関与? 疑惑弁護士の実名
4. 今週の相場展望(6月26日~6月30日)&MY注目銘柄
5.「SAMURAI&PARTNERS」買収した「Jトラスト」藤澤氏だが、難題が……(4)松田氏最側近が「粉飾」容疑で告発へ

【関連】北朝鮮のICBM開発に国内上場企業が関与?「名指し批判」怪文書の中身=山岡俊介

【関連】アベ友記者レイプ嫌疑を忖度した中村格元刑事部長に「新疑惑」が浮上=山岡俊介

【関連】今度は麻薬事件絡み!「アベ友」中村元刑事部長にさらなる捜査圧力疑惑=山岡俊介

【関連】森友、加計に続く「第3の忖度」国際医療福祉大学疑惑に焦る安倍官邸=山岡俊介

1 2

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2017年9月18日, 25日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額880円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー