fbpx

『VALU』『Timebank』なぜ人気化?個人の市場価値を測る根拠となるもの=梶原真由美

あなたはSNSをしていますか?今、FacebookやTwitterなどのSNSアカウントを通じて個人の市場価値を可視化するサービスが次々に登場し注目されています。(『億の近道』梶原真由美)

プロフィール:梶原真由美(かじはら まゆみ)
ファイナンシャルプランナー。日本ではまだ珍しい顧問契約制のFP会社である株式会社マネーライフプランニング所属。1976年千葉県生まれ。40歳で出産、12歳年下の夫と長女の3人家族。

「フォロワー数=その人の価値」個人が値付けされる時代の到来

「個人の市場価値」を可視化するサービスが人気化

皆さんは、SNSアカウントを持っていますか? LINE、Facebook、Twitter、Instagramなどが主流ですね。私も上記4つのアカウントは保有しています。そして多くの方は、SNSのアカウント1つくらいは持っているのではないかと思います。

最近、こういったSNSアカウントを通じて、「個人の市場価値」を可視化するサービスが登場しているのをご存知でしょうか?

「VALU(バリュー)」が先行サービスとして有名に

VALU」は、2017年5月31日にリリースされました。名称の由来は「VAL(VALUE=価値)+ U(YOU=あなた)」で、個人が株式会社のように「VA」とよばれる擬似株式を発行することができ、売りに出されたVAは自由に売買することができます。取引はすべてビットコインを用いて行われます。

企業ではなく個人がVA(擬似株式)を発行して資金を集めることができるという斬新なサービスで人気を集めましたが、直近ではYoutuberのヒカルさんのVA価格操作疑惑で話題になりました。

【関連】YouTuberヒカル氏の「VALU売り逃げ騒動」6つの謎ともう1つのリスク=東条雅彦

円と交換可能なビットコインを使用するにも関わらず、

  • 個人の判断で上場を廃止したらVAは紙くずになる
  • 保有者がVAを大量発行することで価格を下げてしまう
  • 購入を促す発言などでインサイダー取引(のような行為)も可能

などのルール未整備を指摘されていますが、運営側も利用者保護を最優先に考え、取引に関するルールづくりを進めている様子です。

専門家の時間を切り売りする「Timebank(タイムバンク)」

Timebank」は、様々な専門家が「時間」を10秒単位でリアルタイムに売買できる時間取引所です。

2017年7月に自分の時間の発行(販売)を希望する「専門家」の事前募集が開始され、話題となっています。2017年9月19日現在では、7名の各業界著名人が22.3円/秒~72.3円/秒で予約販売されています。購入した「時間」は、VALUと同じく自由に売却することも可能だそうです。

Next: 「値決め」の根拠。なぜSNSアカウントに市場価値があるのか?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい